私は22歳から矯正を始めました。ある一枚の自分が笑っている写真を見て、「私ってこんなに歯茎でてるの?!」とショックを受けたのがきっかけです。まさか自分が大人になって矯正をするなんて思ってもいませんでしたが、ガミースマイルという言葉をこの時初めて知り、実は噛み合わせにも問題があることがわかり、思い切って矯正をスタートしました。

矯正を始めた最初の頃は、話に聞いていた通り痛く、治療した後の3日くらいは噛むことができませんでした。しかし、それも最初の頃だけで、慣れてくると、これで歯並びが綺麗になっていくんだなと思えるようになり、嬉しい痛みに感じるようになりました。

痛み、見た目の問題はあまり辛いと思いませんでしたが、1番大変だったのは歯磨きです。どこに行っても食事をしたら歯磨きをしなければならないし、装置のことを考えながら食べ物を選ばなければならなかったので、人と食事をする時はとても気を使いました。しかし今では、食後の歯磨きの習慣もつき、昔よりもとても丁寧に歯磨きをするようになったので、よかったと思っています。意識がとても高くなりました。

2年半の矯正を終えて、本当に私は矯正を始めてよかったと心の底から思います。仕事場、友達にも笑顔をよく褒められるようになりました。
歯並びって本当に大事だと思います。噛み合わせはもちろんですが、私は自信を持って笑顔で話せるようになったことが何よりも嬉しいです。ちょっとした痛みにも騒ぐ私をあたたかく見守ってくれたスタッフのみなさん。いつもしっかり説明をしてくれる院長。そして、和む雰囲気を作り出してくれる安香先生。たくさんお話もできて月に一回の調整がとても楽しかったです。
安香先生、本当に本当にありがとうございました。

コメントは受け付けていません