以前もお話させていただいた鼻の話。

(こんなに怖い鼻づまり!

① 

② 

③ 

④ )

鼻のクリニック東京の黄川田徹先生より、新しい著書が発行されています。

「親子で読む鼻と発育の以外な関係 鼻のせいかもしれません」

この本、お子さんにもわかりやすいように、ヨシタケシンスケさんの画も添えられていて、とても読みやすくわかりやすい内容になっています。

一部、抜粋しお話させて頂こうと思います。

まず、鼻の役目は大きくわけて2つあります。

①息を吸う ②匂いを嗅ぐ

このふたつです。

 

鼻には、呼吸にとってすごく大事な

①空気を湿らせてあたためる

②空気の中のゴミやバイキンを取り除く

③空気の量を調節する

という3つの役割があり、空気が到達する肺が病気にならないよう、鼻の粘膜が重要な役割を担っています。

 

しかし、粘膜がなんらかの原因で腫れていると、空気の道をふさいでしまいます。

これが鼻づまりなんです。

鼻がつまっていると、毎日きちんと呼吸が出来ていないということになります。

そうすると、

夜よく眠れない…

眠れなかったから、昼間ボーッとしちゃう…

イライラして集中できない…

息苦しいから姿勢が悪くなったり、運動が苦手になったり…

ということが、起きてきてしまいます。

あと、もうひとつ大事なことがあります。

実は、自分は鼻づまりじゃない!と思っている方が意外と多いんです。

そういう症状を「かくれ鼻づまり」と黄川田先生は仰っています。

自分では、鼻づまりがないと思っていても、こんなことはありませんか…?

・なんとなく口があいていることが多い

・いびきをよくかく

・寝ている間に呼吸が止まることがある

・顎が小さい

などなど、他にもあるんですが、思い当たる方は

耳鼻科できちんと検査をしてもらい、鼻づまりかどうか診ていただくと良いでしょう。

鼻が詰まり、口で息をしてしまっていると、顎の発育が促されず、歯並びにも影響が出てきてしまいます。

とても、読みやすい本で、当院の本棚にも置いてありますので、ぜひ一度読んでみてください☆

 

安香先生は、8月21日から24日で行われていたインドネシアの学会に行かれていました。

講習会では講師として招かれ、インドネシアの歯科医師33名に矯正用ネジ(Benefit)を支点として作る矯正装置の製作について講習をしました。この日の為に安香先生は人数分の模型を加工し、ご自身で現地まで持って行き実技指導されました。

 

 

講演会ではCBCTと口腔内スキャンの矯正臨床応用についてお話されました。

矯正診療によるCBCT(3D)、口腔内3Dスキャンはイタリアで製造され2001年から世界に投入されていきました。

口腔、顎顔面複合体に関する診断は2次元(2D)だけでは正確な診断情報を得ることが難しかったですが、CBCTを活用することにより複雑な解剖学的構造と関連する病状を明らかにすることができるようになりました。

私達矯正歯科医はCBCTを使用することで子供の成長する顎の発育など観察することができるようになり、矯正を必要とする子供の顎は早期に矯正しないと変形に繋がっていくのでその診断をするのにとても有効です。

またCBCTを使用して咬合機能を回復させる診断にも役に立ち、歯を直立させるための診断も精密に出せるようになりました。せきど矯正歯科もCBCTを使用しています。

 

高度な技術を持つ矯正歯科医が増え、患者様が安心して治療が受けられるようにと先生方は考えていらっしゃり、その為に海外学会で活躍されております。

 

 

当院で使用している口腔清掃器である、エアフロー。

 

エアフローは、お水と専用パウダーで清掃することで、強固な色素沈着や、プラークという細菌の塊をすばやく除去することができます。

低侵襲な清掃が可能で、痛くなくて優しく快適なクリーニングを受けていただけます。

もともとある2台に加えて、最新式のエアフロー プロフィラキシスマスターを1台取り入れました!

以前のものに比べ、清掃効率も上がったので清掃時間も短くなり、パウダーが粘膜などに当たったときの痛みもより軽され、より快適にクリーニングを受けて頂けるようになりました。

使用している専用のパウダーは、主成分にエリスリトールを配合しており、クリーニング後、歯のツルツル感を実感していただけます☆

専用洗浄液で機械自体を清潔に保つことで、感染・汚染のリスクを低減します。

 

超音波スケーラーも使用し、歯石除去もでき、水の温度調整も可能で、冷たい水が辛い冬や、しみる箇所がある患者さんでも快適に受けて頂けます。

 

当院の患者さん以外の方でも、エアフローによるクリーニングを受けて頂けますので、ぜひ体験してみてください。

お口の中がスッキリして、気分も上がると思います^^

夏季休診期間中に、診察室をリニューアルしました!

床も白くなり、より明るい雰囲気となりました。

みなさんに座って頂く歯医者さんの椅子を、ユニットというのですが、メインのユニット3台を入れ替えました☆

患者さんとのコミュニケーションがよりとれるようなデザインのユニットを採用しました。

ボディにフィットする形になっており、快適にお過ごしいただけます。

以前のものより、唾を吸う為のバキュームや、治療に必要なハンドピース類も、取り出しやすくなり、口腔内までスムーズに挿入できるようになりました。

紙コップを置くと自動給水され、それに反応してお水を吐き出すボウルも水洗することで、衛生的なものになりました。

 

 

ユニットが新しく綺麗になったのはもちろん、歯医者さんの治療で使うことの多いお水…

このお水、ただの水道水ではないんです!

みなさんのお口に入るものなので、ポセイドンという中性電解水クリーンシステムで、

より衛生的なお水での治療をさせて頂けるようになりました。

残留塩素濃度を補正し、給水管路内の除菌能力を維持することができます。

また、水の温度調整も可能になり、冷たい水が辛い冬や、しみる箇所がある患者さんも快適に治療を受けて頂けます。

 

水やエアークリーンフィルターも、精密になりました。

サビなどの付着防止や、バクテリア・空気中の微粒子の除去を行います。

 

これからもより良い治療をご提供出来るよう、スタッフ一同努めてまいります。

素敵な歯並びと口元を一緒に目指していきましょう^^

 

8/11(日)〜8/15(木)は休診とさせて頂きます。

期間中は留守番電話となっていますので、ご用がある方はお名前とメッセージをお願い致します。

また、ブラケットが外れたなど困ったことが起こった場合の応急処置や、休日救急歯科診療についてはこちらをご覧ください。