顎関節症とは、顎(あご)の関節とその顎の関連する筋肉=咀嚼筋(そしゃくきん)の病気です。顎の関節と咀嚼筋の問題が混在しているため、混乱されることも多くなっております。咬み合わせが直接の原因ではありませんが、関節の位置などが咬み合わせによって変化するため、診断、治療には、咬み合わせがよくわかっている必要があります。

口を開けた際に、顎の関節や頬、こめかみの筋肉が痛むほか、「カクン」と音がしたり、口が大きく開かなかったりします。首、肩の凝りや頭痛、耳が詰まった感じ、目の疲れなどを伴う人もいます。人差し指と中指、薬指の3本を縦にして口に入れるのが痛くて難しい場合(開口障害)は、顎関節症が疑われます。

顎関節症は、歯ぎしりをしたり、硬い食べ物を強く噛んだりして、顎を動かす筋肉が疲れて筋肉痛を起こすことで発症すると考えられています。

歯ぎしりなど顎に強い力が加わること自体が発症の要因となる事もあります。顎は、下顎の骨の突き出た部分「下顎頭」が頭骨のくぼみに収まっています。骨と骨の間には、クッションの役割をする「関節円板」というコラーゲン繊維があり、強く噛んだり、口を大きく開けたりすると、前にずれてしまうことがあります。この状態で下顎頭から力が加わると炎症を起こして痛みが生じます。

通常、口を開ければ、下顎頭がくぼみから抜けて前方に移動します。関節円板がずれたままだと、下顎頭が関節円板にひかかり、抜ける際に「カクン」と音が鳴ります。

筋肉の痛みをとるには、顎関節部分を蒸しタオルなどで温め、開閉運動を行なう方法があります。歯ぎしりを防ぐ歯科用マウスピースを就寝時につけることも有効です。顎関節症の患者様の多くは、食事や会話以外のときも上下の歯を無意識に噛み合わせて、顎に負担をかけています。普段から「上下の歯は離す」ことを意識して下さい。仕事や受験、人間関係、長時間のパソコン作業などストレスや緊張が続くと、夜間に歯ぎしりをすることなどの原因になります。日頃から、なるべくリラックスし、ストレスを減らすように心がけましょう。

 

顎関節症は、う蝕、歯周病に並ぶ第三の歯科疾患ともいわれ、学校歯科検診にも取り入れられています。また、顎が痛ければ歯科医院に行くということも広く一般に知られるようになりました。

顎関節症患者は顎顔面領域に痛みや違和感を訴えることが多いが、そうした症状は他の疾患でも起こり得ます。顎関節症と類似の症状を呈する疾患には、う蝕や歯周病をはじめ、顎関節や咀嚼筋に関連した各種疾患、また頭痛や神経痛などの口腔顔面痛、精神疾患や心身症などがあります。

1)顎関節症の概念(日本顎関節学会)

顎関節症は、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする傷害の包括的診断名である。その病態は咀嚼筋痛障害、顎関節痛障害、顎関節円板障害および変形性顎関節症である。

 

顎関節の構造

*関節円板・・・顎関節の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織です。

*下顎頭 (関節突起)・・・下顎の骨の突き出た部分

 

2)顎関節症の病因(日本顎関節学会)

 顎関節症の発症メカニズムは不明なことが多い。日常生活を含めた環境因子・行動因子・宿主因子・時間的因子などの多因子が積み重なり、個体の耐性を超えた場合に発症するとされています。日常生活を含む環境因子として、緊張する仕事、多忙な生活、対人関係の緊張などがあります。行動因子として、硬固物の咀嚼、長時間の咀嚼、楽器演奏、長時間のパソコン業務、単純作業、重量物運搬、編み物、絵画、料理、ある種のスポーツなどがあり、習癖として、覚醒時ブラキシズム、日中の姿勢、睡眠時の姿勢、睡眠時ブラキシズムなどが挙げられます。宿主因子には、咬合、関節形態、咀嚼筋構成組織、疼痛閾値、疼痛経験、パーソナリティ、睡眠障害など、時間因子としては、悪化・持続因子への暴露時間が関与しています。

 

3)顎関節症の罹患状態

 平成28年の厚生労働省歯科疾患実態調査によれば、「口を大きく開け閉めしたとき、顎の音がありますか」に「はい」と回答した対象者は、550/3,655で、約15.0%でした。

疫学調査の結果から、顎に何らかの症状を持つ人は全人口の7~8割に上るとされていて、このうち病院で治療を受けている人は7~8%です。実際には、顎関節の症状を抱えている人に男女差歯はありませんが、患者さんは女性が多く、男性の2~4倍で、それも若い女性と中年の女性に多いのが特徴です。病院を受診する動機は、顎関節の痛みを主訴とする人が圧倒的で、関節周辺や頬、こめかみが痛む場合もあります。女性の患者さんが多い理由として、女性は顎の筋力が弱いとか筋肉の血液循環が悪いといったことも考えられますが、女性の方が痛みを感じやすいが、痛みが強くても耐えられるため自然には回復不可能な状態になってしまい病院を受診せざるを得ない状態になってしまうのではないかということが考えられます。

4)顎関節症の症例分類(日本顎関節症学会)

 

 咀嚼筋障害(Ⅰ型)

顎関節痛障害(Ⅱ型)

 顎関節円板障害(Ⅲ型)

a:復位性

b:非復位性

変形性顎関節症(Ⅳ型)

 

 

 

 

5)顎関節症の主要な症状

 

①     顎関節痛・咀嚼筋痛:顎が痛む。顎関節痛が起こる主な病態は、顎関節周囲の軟組織の慢性外傷性病変です。滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織における細菌感染のない炎症    です。下顎頭と接するこれらの組織に炎症が生じると、神経が過敏になり、顎運動時に下顎頭の動きにより刺激されて痛みを生じます。

筋痛は様々な病態によって生じます。最も一般的な病態は、筋・筋膜疼痛で、頭頚部および口腔顔面領域の持続性疼痛の最も一般的な原因でもあります。筋・筋膜疼痛の特徴は局所的な鈍い、疼くような痛みとトリガーポイントの存在で、筋肉を機能させると痛みが増します。活動的な状態のトリガーポイントを圧迫すると、ジャンピングサインと呼ばれる逃避反応が生ずるほどの鋭い痛みを局所に生ずるとともに離れた部位に関連痛を生じます。

②     開口障害:口が開かない。通常、病気がなければ自分の指、人差し指から薬指までの3本を縦にして口に入ります。その時の開口量は約40mmです。最大開口量が40mm以下の場合にはに顎関節、咀嚼筋に何らかの異常があると考えるべきです。開口障害の原因には、①筋性 ②関節円板性 ③関節痛性 ④癒着がありますが、突然開かなくなったときには関節円板の転位によるものです。また、知らないうちに徐々に開かなくなっているのは筋性です。

③     顎関節雑音:顎を動かすと音がする。咀嚼や開口時にカックンとかガリガリといった関節音が生ずることがあります。最も多い関節音は関節円板性開口障害に先行する復位を伴う関節円板転位によるものです。前方に転位した関節円板が開閉口に伴って下顎頭が前後に動く際に下顎頭上に戻ったり、再度転位する時にカックンといった単発音が生じます。

 

顎関節症の代表的な症状は上記の3つです。

その為、硬い物が噛めない。

大きな食べ物が食べにくい。その他、肩こり、頭痛、手のしびれ、めまい、耳鳴りなども現れることがあります。

 

東京都の緊急事態宣言が解除されました。

まだまだ油断できない状況ではありますが、定期的な換気や消毒・防護服など感染対策を行ったうえで、今月より通常通り診療を再開致します。

休診日 月曜・木曜・祝日

診療時間 午前 10:00〜13:00 午後 14:00〜19:00 (最終受付 各部30分前)

 

今後の情勢によっては、やむを得ず変更する場合もございますので、随時ホームページをご確認頂きますようお願い致します。

4月・5月と新型コロナウイルスの影響によりご予約を変更・延期された患者様お一人お一人にご連絡することができず大変申し訳ありませんが、6月のご予約をお電話でお取りいただきますようお願い致します。

 

2020/06/03 せきど矯正歯科

 

緊急事態宣言は解除されましたが、流行前の元通りの生活とはいきませんね…

新型コロナウィルスのワクチンや特効薬が開発されるまで、共存していかなければなりません。

 

みなさん手洗いや消毒を頻繁にされていると思います。

手洗いをする際の石けん水が新型コロナにも有効であると、シドニーのニューサウスウェールズ大学の化学教授であるポール・ソーダーソン先生は仰っています。

ほとんどのウイルスは3つの主要な構成要素であるリボ核酸(RNA)、タンパク質、脂質からなるんですが、石けん水で脂肪膜を溶かすことでウイルスを不活性化させます。

アルコール消毒ももちろん有効ですが、量が十分でないと、手指全体にいきわたらせることが出来ません。

ですので、手が洗える時は、しっかり石けん水で洗うことが大変重要になってきます。

手が洗える環境にないときは、アルコール消毒を使用して、予防を徹底していきましょうね。

 

衣服についたウイルスは、洗濯洗剤で洗濯することで落とせるとも言われています。

脂肪膜ですので、夏になると暑さで勢力が弱まるとの意見もありますし、太陽の下で気持ちよく干したいですね。

 

当院でも、ウイルス対策として、医療用マスク・フェイスシールド・ゴーグル・防護服・受付のパーテンションなど様々な対策を行っております。

声が届きにくいなどご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

また、検温・アルコール消毒・洗口液での洗口もお願いしておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

 5月臨時休診日・診療時間変更のお知らせ

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止を受け、緊急事態宣言が延長されました。

それを受け当院でも下記の通り診療日・診療時間の変更をさせていただきます。

 

 

休診の日程については今後の情勢により変更する場合がございますので、当院のホームページを随時確認していただきますようお願い致します。

診療日・診療時間の変更によって、ご予約の変更をお願いしなければならない患者様には、当院から順次ご連絡させていただいております。ご変更の程、よろしくお願い致します。

 

口腔内のことでお困りの際は、応急処置の仕方をご覧ください。

休診中、応急処置をご覧になっても解決しない場合は、ホームページ右上のお問い合わせフォーム(お気軽メール相談)より診察番号を入力して、ご連絡をお願いします(できるだけ詳しく記入してください。)

 

また、診療におきましては、集団感染防止の為、予約人数を制限させていただきます。(お電話でご確認下さい。)

 

当院のコロナ対策の対応について

・来院された方は体温測定(非接触)をさせていただいております

・手指のアルコール消毒をお願いします(受付に設置)

・診療前に抗菌性洗口液によるうがいをお願いしております。

 ・定期的な換気、消毒を行っております。

・待合室の雑誌の使用、消しゴムのプレゼントを当面の間中止いたします。

・エアロゾルが発生する可能性が高い治療につきましては、当面の間控えさせて頂きます。(口腔内の清掃など) 但し、治療の進行に影響がある場合は例外とさせていただきます。

 ・来院はできる限りご本人様のみで、小さいお子様につきましては1名様のみの付き添いでお願いします。

 

皆様にはご迷惑をおかけしますがご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

 

2020/5/10 せきど矯正歯科

緊急事態宣言を受けての当院の対応(4/14時点)

2020年4月7日、新型コロナウィルス感染症の急速な拡大を受けて、政府より7都府県緊急事態宣言が発令されました。

歯科医院は医療施設であり、社会生活を維持する上で必要な施設となります。現時点では、『適切な感染防止対策の協力要請』の対応となりますが、患者様や患者様のご家族、スタッフの安全、健康を最優先したいと考えており、4月8日(水)~5月7日(木)を臨時休診とさせて頂きました。休診日の日程が今後の情勢により変更する場合がございますので、当院ホームページを随時確認して下さいますようお願い致します。また、4月に予約をとられていた方には、順番にこちらからご予約の変更等のお電話、メールを差し上げております。また、緊急を要する方は、ホームページ右上のお問い合わせフォーム(お気軽メール相談)よりお問い合わせ下さい。折り返しご連絡させて頂きます。

臨時休診期間が終了しましたら、政府の要請によりましては当院でも診療を再開することとなります。歯科診療(矯正治療)に行う際には、エアロゾル*が発生する可能性が高く、患者様や医療スタッフへの感染拡大が懸念されます。当院では、日本歯科医学会連合の院内感染対策を取り入れ、歯科診療を行う際の環境整備を行っております。

≪当院での新型コロナウイルス対策について≫

①診療室・ユニットの消毒について・・・診療室や待合室などを患者様が使用されたユニットを消毒しております。消毒用アルコール(濃度70%以上)、塩素系漂白剤(約5~6%次亜塩素酸ナトリウム)の消毒剤によりウイルスの除菌を行っております。

②器具の消毒・滅菌について・・・歯科治療に使用する全ての器具を薬液消毒及びオートクレーブによる滅菌を行っております。

*オートクレーブによる滅菌・・高温(121℃~134℃)、高圧の水蒸気により滅菌します。

③患者様の体調確認・検温・・・感染を防止するためにはウイルスを歯科診療室内に持ち込まないことが重要になります。その為、当院に来院された全ての方(患者様、ご家族)に検温して頂いております。発熱や風邪用症状を有する

*ご来院された方全ての方に、消毒用アルコールによる手指消毒、マスクの着用をお願いしております。

エアロゾル感染とは・・・エアロゾルとは空気感染のイメージを抱かせやすい言葉ではありますが、『エアロゾルが生じると空気感染する』という考え方は正確ではありません。米国の研究グループは、新型コロナウイルスが空気中をミスㇳのように浮遊する『エアロゾル』の状態で3時間以上生存できるという研究結果を医学専門雑誌で発表しました。論文では「私たちの結果から、エアロゾルによる伝播はもっともらしい」としていますが、厚生労働省は「国内データではエアロゾルによる感染の証拠はいまだない」としています。

エアロゾルは、空気中に存在する細かい粒子のことです。但し、その大きさについて明確な定義はありません。つまり、粒子径が20μm

でも5μmでもエアロゾルと呼ばれます(1μmは1000分の1㎜)。例えば、くしゃみや咳をした時に口から出てきたばかりのエアロゾルは水分量が多く、重たいため、放物線を描きながら重力によって1~2m先の地面に落下します。粒子径も大きいので不織布のマスクを通過しません。飛沫感染というのは、このような飛沫に含まれる病原体が眼、鼻、口の粘膜に付着することで起こります。新型コロナウイルスは飛沫感染すると考えられています。

一方で粒子径が10~5μm未満のエアロゾルは、水分が蒸発して軽いので、より長い時間、長い距離を漂うことができます。特に、5μm未満のエアロゾルになると、肺のなかを通る気管支の末端にある肺胞まで到達することができます。空気感染がおこるのは、このくらいの小さなエアロゾルに含まれた病原体を吸い込んだ場合です。結核菌や麻疹ウィルスは、空気中を漂うエアロゾルに付着して、吸い込まれることで感染します。

この実験では人為的にエアロゾルを発生させる装置を使い、新型コロナウイルスを含む粒子径が5μm未満のエアロゾルを密閉した金属製の筒の中に閉じ込め、ウイルス量を3時間のあいだに5回測定しています。その結果、細胞に感染することが可能な、生きた(活性のある)ウイルスは約1時間後に半分に減りましたが、3時間後にも10%強残っていたと報告しています。実験で使われた円柱の中は「ウイルス量の多い密閉空間」だったわけですが、これは新型コロナウイルス感染症が起こりやすいと指摘されている、

●換気の悪い密閉空間

●人が密集していた

●近距離での会話や発声が行われた

という3条件が『同時に重なった』空間の再現だと言うことができます。上の3条件がそろう空間では、空気中に新型コロナウイルスが比較的長時間残りやすく、感染する恐れがあることがこの実験で裏付けられたという事です。