*当院のスタッフは全員定期的にPCR検査を受けております*

当院で勤務しているスタッフは、定期的にPCR検査を受けて陰性を確認しておりますので、安心して治療をお受けになって下さい。

●新型コロナウィルスにかかわる検査について

 

  • PCR検査とは

PCR検査とはポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)の略で、

検査したいウィルスの遺伝子を専用の薬液を用いて増幅させ検出させる検査方法です。鼻や咽頭を拭って細胞を採取し検査を行います。発症から9日以内であれば、唾液からの検査も可能です。感度は約70%程度といわれており、検体採取をした場所にウィルスが存在しなかった場合などは感染していた場合でも陰性となってしまう場合があります。主に体内にウイルスが検査時点で存在するかを調べる時に用います。

 

  • 抗体検査とは

過去にそのウィルスに感染していたかを調べる検査です。ウィルスに感染す ると形成されるタンパク質が血液中に存在するかを調べます。体内に抗体ができるまでには時間がかかり、現在そのウィルスに感染しているかの検査に用いることは難しいとされています。ウィルスに感染した場合だけでなく、ワクチンを打ったことによって抗体ができた場合に陽性となります。抗体検査は、新型コロナウイルスに感染後13日以降では、96.9%の陽性率ですが、感染後9~12日目の陽性率は約50%とまだ期待されるほどの精度が出ていないことも現状です。

 

 

  • 抗原検査とは

抗原検査とはウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知して診断に導く検査のことを言います。PCR検査とともに、新型コロナウイルス感染症の確定診断に用いることができます。そのため新型コロナウイルス感染症と思われる症状が発症した方でも、発症2日目~9日目の間にこの検査で陰性となった場合には、その時点では新型コロナウイルス感染症ではないと言い切ることができます。

PCR検査に比べて検出率は劣りますが、短い時間で結果が出る、特別な検査機器を必要としないことから速やかに判断が必要な場合などに用いられることが多いです。皆さんが病院でインフルエンザの検査をするときはこの抗原検査を行っていることが多いです。

こんな質問をするとたいてい

食べかす    詰まったもの

という答えが返ってきます。

実は!!取って欲しいのは

よく見るキッチンの排水溝や、三角コーナーのぬめり= 歯のぬるぬると一緒なんです。

細菌の種類は違いますが、口の中の細菌は身体の色々な病気を引き起こす原因となっている事が近年知られています。

体の健康はお口の健康から!!

 

その為にも効率の良い長続きする歯磨き方法を提案します

こんな歯磨き方法があったなんて!!

 

 

まず、あなたのリスク部位(むし歯、歯周病になりやすい所)はどこですか?

* 要注意ポイント *

むし歯: 奥歯の歯と歯のあいだ

生えたての歯の噛み合わせ面

ブラケット(歯の表面につく装置)のまわり

バンド(金属の指輪のような輪っか)の

歯周病: 上の奥歯の歯と歯のあいだ  等

 

 最初にリスク部位から磨く!

集中力があるうちにケアすることで、効率よく確実に細菌を落とせます。

 ワンタフトやフロスなど、それぞれのリスクにあった道具を選びましょう

③ 最後にいつもの歯ブラシで全体的にブラッシング

 

もカンタンで、いつもと同じ時間なのに歯磨きの効果が2倍に!

朝と昼は普通の歯磨きでもOKです。

一日の最後の歯みがでその日に付いた細菌を上記のような磨き方でとことん除去しましょう。

ワイヤーがまだ入っていらっしゃる方は、ジェットウォッシャーや歯間ブラシを使って歯と歯のあいだ

を綺麗にしましょう。

磨き方が良く分からに方は歯科衛生士にお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、WIOC2019のお写真をアップしましたが、詳しくそのお話をしていこうと思います!

 

まず、WIOCとは?なんですが、World implant Orthodontic Conferenceの略で日本語にすると「国際インプラント矯正歯科学会」という学会です。

2017には日本・神戸でも行われ、今年はルーマニアの首都・ブカレストで行われ安香先生が参加されました!

会場の建物です。

まず、開会式が行われたんですが、とても豪華です☆

ブカレスト国立図書館で式が行われました。
WIOC 2019年の開会式の演奏されたバンドはAmadeusで、Mozartの名前からとったバンドだそうです。
美人揃いのメンバーで、上品な曲で式が盛り上がったそうですよ。

 

安香先生は、山口先生と共に、MFTについて発表されました。

MFTとは、筋機能訓練のことです。舌や唇は、筋肉で動いているんです!

当院でも舌・ベロの練習されていましたか?とお声がけしていますが、矯正治療には重要な項目なんです。

ロシア・韓国・台湾などの先生方から反響があったようで、注目されていることがわかりますね^^

 

大会中には、Oral Speech contestがあり、各国の大学院生の口頭発表に対する審査もありました。
その審査委員会のメンバーのお写真で、安香先生もメンバーの一員です。上層部の面々が勢ぞろいしています。


表彰されたのは、Julio Gurgel 先生で、課題は「年齢ごとの上顎拡大の可能性と結果について」でした。

 

安香先生が、世界インプラント矯正学会(WIOA)の今までの活躍によって表彰された時の写真です。

タキシードに身を包まれて、とてもお似合いですよね。

 

これからも、よりよい治療がご提供できるよう、安香先生をはじめスタッフ一同、精進していきます。

 

 

 

以前もお話させていただいた鼻の話。

(こんなに怖い鼻づまり!

① 

② 

③ 

④ )

鼻のクリニック東京の黄川田徹先生より、新しい著書が発行されています。

「親子で読む鼻と発育の以外な関係 鼻のせいかもしれません」

この本、お子さんにもわかりやすいように、ヨシタケシンスケさんの画も添えられていて、とても読みやすくわかりやすい内容になっています。

一部、抜粋しお話させて頂こうと思います。

まず、鼻の役目は大きくわけて2つあります。

①息を吸う ②匂いを嗅ぐ

このふたつです。

 

鼻には、呼吸にとってすごく大事な

①空気を湿らせてあたためる

②空気の中のゴミやバイキンを取り除く

③空気の量を調節する

という3つの役割があり、空気が到達する肺が病気にならないよう、鼻の粘膜が重要な役割を担っています。

 

しかし、粘膜がなんらかの原因で腫れていると、空気の道をふさいでしまいます。

これが鼻づまりなんです。

鼻がつまっていると、毎日きちんと呼吸が出来ていないということになります。

そうすると、

夜よく眠れない…

眠れなかったから、昼間ボーッとしちゃう…

イライラして集中できない…

息苦しいから姿勢が悪くなったり、運動が苦手になったり…

ということが、起きてきてしまいます。

あと、もうひとつ大事なことがあります。

実は、自分は鼻づまりじゃない!と思っている方が意外と多いんです。

そういう症状を「かくれ鼻づまり」と黄川田先生は仰っています。

自分では、鼻づまりがないと思っていても、こんなことはありませんか…?

・なんとなく口があいていることが多い

・いびきをよくかく

・寝ている間に呼吸が止まることがある

・顎が小さい

などなど、他にもあるんですが、思い当たる方は

耳鼻科できちんと検査をしてもらい、鼻づまりかどうか診ていただくと良いでしょう。

鼻が詰まり、口で息をしてしまっていると、顎の発育が促されず、歯並びにも影響が出てきてしまいます。

とても、読みやすい本で、当院の本棚にも置いてありますので、ぜひ一度読んでみてください☆

 

当院で使用している口腔清掃器である、エアフロー。

 

エアフローは、お水と専用パウダーで清掃することで、強固な色素沈着や、プラークという細菌の塊をすばやく除去することができます。

低侵襲な清掃が可能で、痛くなくて優しく快適なクリーニングを受けていただけます。

もともとある2台に加えて、最新式のエアフロー プロフィラキシスマスターを1台取り入れました!

以前のものに比べ、清掃効率も上がったので清掃時間も短くなり、パウダーが粘膜などに当たったときの痛みもより軽され、より快適にクリーニングを受けて頂けるようになりました。

使用している専用のパウダーは、主成分にエリスリトールを配合しており、クリーニング後、歯のツルツル感を実感していただけます☆

専用洗浄液で機械自体を清潔に保つことで、感染・汚染のリスクを低減します。

 

超音波スケーラーも使用し、歯石除去もでき、水の温度調整も可能で、冷たい水が辛い冬や、しみる箇所がある患者さんでも快適に受けて頂けます。

 

当院の患者さん以外の方でも、エアフローによるクリーニングを受けて頂けますので、ぜひ体験してみてください。

お口の中がスッキリして、気分も上がると思います^^