以前もお話させていただいた鼻の話。

(こんなに怖い鼻づまり!

① 

② 

③ 

④ )

鼻のクリニック東京の黄川田徹先生より、新しい著書が発行されています。

「親子で読む鼻と発育の以外な関係 鼻のせいかもしれません」

この本、お子さんにもわかりやすいように、ヨシタケシンスケさんの画も添えられていて、とても読みやすくわかりやすい内容になっています。

一部、抜粋しお話させて頂こうと思います。

まず、鼻の役目は大きくわけて2つあります。

①息を吸う ②匂いを嗅ぐ

このふたつです。

 

鼻には、呼吸にとってすごく大事な

①空気を湿らせてあたためる

②空気の中のゴミやバイキンを取り除く

③空気の量を調節する

という3つの役割があり、空気が到達する肺が病気にならないよう、鼻の粘膜が重要な役割を担っています。

 

しかし、粘膜がなんらかの原因で腫れていると、空気の道をふさいでしまいます。

これが鼻づまりなんです。

鼻がつまっていると、毎日きちんと呼吸が出来ていないということになります。

そうすると、

夜よく眠れない…

眠れなかったから、昼間ボーッとしちゃう…

イライラして集中できない…

息苦しいから姿勢が悪くなったり、運動が苦手になったり…

ということが、起きてきてしまいます。

あと、もうひとつ大事なことがあります。

実は、自分は鼻づまりじゃない!と思っている方が意外と多いんです。

そういう症状を「かくれ鼻づまり」と黄川田先生は仰っています。

自分では、鼻づまりがないと思っていても、こんなことはありませんか…?

・なんとなく口があいていることが多い

・いびきをよくかく

・寝ている間に呼吸が止まることがある

・顎が小さい

などなど、他にもあるんですが、思い当たる方は

耳鼻科できちんと検査をしてもらい、鼻づまりかどうか診ていただくと良いでしょう。

鼻が詰まり、口で息をしてしまっていると、顎の発育が促されず、歯並びにも影響が出てきてしまいます。

とても、読みやすい本で、当院の本棚にも置いてありますので、ぜひ一度読んでみてください☆

 

コメントは受け付けていません