当院では、鼻が通っていますか?鼻で呼吸できていますか?口呼吸ではありませんか?とご質問することがあります。
歯並びを治療する矯正歯科でなぜ鼻のことを?一見、関係ないようにみえる鼻と口ですが密接な関係があります。

今回は、横田川徹先生の「こんなに怖い鼻づまり! 睡眠障害・いびきの原因は鼻にあり」より、鼻づまりのことについてお話ししようと思います。

鼻づまりは呼吸がしづらいだけではありません。性的な疲労・集中力や運動能力の低下、夜間の睡眠障害、また睡眠時無呼吸症候群など、実にさまざまな問題の原因となっています。さらに幼少期においては、学習能力の低下、キレやすい、落ち着きがないなど、健全な情緒や身体の発達に深く関与し、これを放置することは将来を大きく左右する危険性があると横田川先生は述べられています。

鼻から息が吸えていますか?口を開く口呼吸になっていませんか?
鼻から呼吸ができないと、心身すべてにさまざまな弊害が引き起こされます。口呼吸は恐ろしい病態につながるんです。
鼻の中、鼻腔粘膜(図の→部分)が腫れて、空気が通りにくいのが鼻づまりです。
ここ20年、鼻のトラブルを抱える人が世界的に激増し、アレルギー性鼻炎は成人の20~30パーセント、小児では40パーセントに達するとされています。

 

多くの人が悩まれている鼻づまり…また、ご自身で実感がない方もいらっしゃいます。
次回、鼻づまりの分類などについてお話ししようと思います。
(横田川徹先生の「こんなに怖い鼻づまり! 睡眠障害・いびきの原因は鼻にあり」より引用させて頂きました。)

コメントは受け付けていません