第30回 日本舌側矯正歯科学会に参加しました!

 

 

11月24日、25日の二日間、品川プリンスホテルにてJLOA 日本舌側矯正歯科学会が開催されました。今回は、ALOM 第2回アジア矯正歯科学術大会との併催となりました。

舌側(リンガル)矯正とは、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けて行う矯正治療です。

☆当院HPの舌側矯正はこちらをクリック

歯並びは治したいけど、装置が気になる。職業柄、矯正装置が見えるのは困る。など、表に矯正装置が付くことに抵抗のある方は、舌側矯正治療がお勧めです。当院でも行なっていますので、まずは無料相談をお受けになって下さい。治療方法、使用する矯正装置により料金が異なりますので、口腔内を拝見して、その方に合った治療方法をご説明させて頂きます。

今回の学会では、舌側矯正を考え、臨床に取り入れた藤田欣也先生の講演を拝聴しました。舌側矯正治療は、メイドインジャパンの矯正治療なのです。これはFujita Methodと言います。
思い返せば、私が研修医で大学病院で研修を受けていた時、同じ大学病院で診療されていた事を懐かしく思い出しました。とても高名な先生である事を改めて実感しました。

 

現在の舌側矯正治療は、Fujita Method以外に、実は様々な種類があります。
① Kuzr7
② Stb
③ Fujita Bracket
④ Evolution SLT
⑤ CLYPPY-L
⑥ Incognito
⑦ Harmony
⑧ WIN system
今回の学会では、これらのアプライアンス、systemを用いて治療した多くの症例を見ることが出来ました。

当院で使用しているリンガルシステムは、舌側矯正WINシステムで、incognitoを開発されたドイツの Dr.Wiechmann 教授が新たに開発したシステムです。ブラケットはもちろんのことワイヤーまで患者様ごとにカスタムメイドされる舌側矯正装置です。装置は、ドイツで製造されます。ブラケットはかなり小さくなり違和感がとても少なくなりました。また、患者様の歯の形態にフィットした装置で、脱落も減りました。
今回の学会でも、Dr.Wiechmann 教授の講演を拝聴する事が出来ました。成人の症例だけでなく、子供の症例も多くありました。

裏側矯正において重要なことは、ブラケット(装置)をいかに正確に正しい位置につけるかに尽きます。その為には、精密な印象採得、術者の技術が要求されます。既製のリンガルブラケットを使用することもありますが、当院ではカスタムメイドの矯正装置を使用しています。

 

 

“舌側矯正治療の流れ”

① 当院では口腔内スキャナーでデータを取得します。

最新のCAD/CAMシステムでのカスタムメイドブラケットの作製は非常に精密なため、歯列模型も実際の歯の大きさと誤差が最小になるよう、精密印象でなければなりません。イントラオーラルスキャンを用いて患者様の上下歯列をデジタルデータに変換します。

 

② 技工所

CAD/CAMシステムにより作業用模型を3Dデータとしてコンピュータに取り込み、オリジナルのブラケットを製作します。ワイヤー形態もデジタルデータからベンディングマシンで屈曲します。

* ワイヤーベンディング・ロボットにより作られるアーチワイヤー *

アーチワイヤーは個別にデザインされ、ワイヤーベンディング・ロボットにより作られます。患者様が快適に治療を受けられるように、出来る限り歯牙に緊密に沿うようにデザインされます。

 

 

このように、歯科矯正の分野において技術が日々進歩しており、当院でも学会、セミナーなどに参加する事で常に新しい技術、知識を取り入れたいと考えております🌸

コメントは受け付けていません