世界の矯正★in U.S.A

皆様は矯正が他の国でどのようにとらえられているかご存知でしょうか?

国によって矯正に対する考え方はまったく違います★

今日は「歯並びの先進国」ともいわれるアメリカの矯正事情を紹介したいと思います!

ある日本人女性の方は八重歯があったために、アメリカ人のボーイフレンドが

親に会わせてくれなかったそうです。そのくらい歯並びへの関心が高いのがアメリカの社会!

歯並びで家庭環境や教養の程度が判断されてしまいます。なぜなのでしょうか?

アメリカでは”スマイル”をコミュニケーションの入口としてとらえられています。

キレイなスマイルは心身ともに成熟しているというサインであり、美しいスマイルを作る為に 

矯正への意識がとても高いのです!

そのため、子供に矯正歯科治療を受けさせることは親の大切な務めであり、

また子どもにとっても大人への第一歩として積極的に受け入れられているそうです!

もう一つの理由としては、虫歯予防のために歯並びを治すということです。

アメリカ人の場合歯並びがそれほどひどくなくても矯正歯科治療を受ける方が多いとか、

というのも、これまでは日本のように公的保険がなく、

全員が私的保険のサポートを受けられるとも限らなかった為、

虫歯ができると多額の治療費がかかっていたからです。

一本の虫歯を治すのに100ドルや200ドル以上かかるところもあるそうです。

その為に、予防への意識が高いため、早いうちに矯正歯科治療で歯みがきしやすい状態に

整えておこうというわけです。

アメリカではGPといわれる一般歯科のほかに、歯周病を治すところ、歯の根っこを治すところ、

入れ歯をするところなど分野別に専門の歯科医院があり、専門医が治療します。

矯正歯科専門医も高い知識と技術が要求されるため、

高いステータスが与えられています。

自己主張の強いアメリカ人ですが、患者さんは驚くほど素直に

矯正歯科医の指導に従うそうです。

患者さんは専門医に対して信頼を持っているということがよくわかります。^^v

このお話は西井 康先生[東京歯科大学歯科矯正学講座 助教授]から教えていただきました。

小学館スクエアの「中学・高校生のためのキレイな歯並びになりたいBOOK」

に掲載されています。

 

今日の英語

【Board of orthodontist】

 矯正専門医

関連記事

せきど矯正歯科

〒206-0011
多摩市 関戸1-11-1 京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセン
ターA館2F
京王聖蹟桜ヶ丘駅徒歩1分

詳しいアクセス方法

【受付時間】10:00~19:00
【休診日】月曜/木曜/祝日/