第44回日本臨床歯科医会大会に参加しました!

chiba jpeg

今年は2月22日・23日に千葉大会が開催されました。大会のテーマは「成長期の不正咬合を考える」です。

招待講演として海外の矯正医の先生方の講演を拝聴することができました。

韓国の矯正医である Dr.Jae-Man Hyun の講演では、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)の患者様の profile を外科矯正により改善した症例を発表されました。

*外科矯正は、主に顎変形症など顎自体に問題がある症例に適応され、外科手術と矯正治療を併用する治療方法です。*

顎変形症は上顎と下顎の骨の形、大きさの異常、位置のバランスが崩れることが原因で起こります。

顎自体が抱える問題による不正咬合は矯正のみで改善することは難しいです。

このような症例の多くは、骨格的な改善が必要になるため、外科手術と歯列矯正を併用した治療を行うことになります。

当院ではなるべく外科矯正手術を避けたい患者様に対して、矯正用インプラント(TADs anchor screw) を使用し矯正治療のみで改善する治療を行っております。

また、成長期に矯正治療を開始することにより、顎の成長や位置づけに悪影響を及ぼす因子をできるだけ排除し、予防することもできます。

また、積極的に成長発育の管理を行い(抑制や促進)、不正咬合を治すことができます。

不正咬合の原因には機能的なものが先で硬組織、骨格的なものが結果としてついてくるという考えもあります。

これは Moss のファンクショナル・マトリックス(機能母体説)と言い、骨格は機能によって形成されるという考えです。

何よりも機能を優先する。まず最初に機能があり、筋肉の動きのために骨格が決まるという説です。

不正咬合の原因としては、遺伝的原因

環境的原因(先天的、後天的)

骨格や歯並びに影響を与えるもの(口腔内の機能)としては

嚥下機能の異常

鼻咽頭疾患(口呼吸、アレルギー、アデノイド肥大、扁桃腺肥大)

小帯の異常(舌小帯付着異常、上唇小帯付着異常)

口腔習癖(指しゃぶり、咬爪癖、吸唇癖、咬舌癖、舌突出癖、舌低位など)

習慣性姿勢位(頬杖、うつぶせ寝、同じ片側でばかりカバンをかけるなど)

顎関節の異常

私たちは、口腔機能訓練法:MFT ( Oral Myofunctional Therapy ) といって、口腔周囲の筋肉の機能を改善する訓練を行っています。

これによって、舌癖、口唇癖、咀嚼・嚥下機能の正常化、舌と口唇の安静位を得ることにより歯列に対して異常な外力をなくし安定させることができます。

綺麗になった歯並びの安定性にも関係があります。

矯正治療において口腔周囲の機能を正常にすることは重要であり、治療をスムーズに進め、保定期間中も安定した歯並びを維持することができます。

今回の学会でも MFT についてのプログラムが多くあり講演を聞くことができました。

ポスター展示では、上顎犬歯が埋伏し前歯の歯根を吸収していた患者様を、矯正治療により上顎犬歯を正しい位置に牽引し萌出させた症例がありました。

当院でもこのような患者様がいらっしゃいましたが、矯正治療により正しい位置に並べました。

また、日本臨床矯正歯科医会大会で開催されるブレーススマイルコンテストでは、全国から選ばれた素敵な笑顔の持ち主の方が受賞され、その表彰式も会場で行っていました。コンテストに参加されたい方はお気軽に受付にお申し出くださいね。

 

smile contest jpeg

chiba 2 jpeg

 

 安香先生が講演を行いました!
benefit pf jpg

2/11(土)・12(日)に都内にてDr.Benedict、山口先生とご一緒に講演を行いました。

多くの矯正医の先生方が、世界でも最先端の技術を習得しようと参加されました。

今回の講演は、最新技術のベネフィットという矯正用インプラントによる治療についての様々な症例についての発表でした。

Anka begin the lecture jpeg2

WIOC from behind jpeg2

WIOC

安香先生が9th WIOC IN KOBE(世界矯正インプラント学会)の海外渉外を務めることになりました。

WIOAでは事務局長を務めています

WIOCとは、矯正用インプラント(アンカースクリュー:以下TAD)国際学会で、安香先生もこの学会で発表される予定です。

私たちスタッフも参加させて頂き、世界各国の先生方がどのように治療に取り入れているか勉強させて頂きます。

当院でもTADを矯正治療に用いています。この技術により、非常に難しい治療でも確実に成果に導く事が出来るようになりました。

安香先生は最先端技術を今まで世界の国々提供し、学会発表などを行っております。

世界の学会は各国の著名な先生の発表を多くの若い先生方に見て学んで頂く機会になる為、その国際学会を日本で行われるようにする事が安香先生の長年の夢でもありました。

その為に2013年第5回 WIOC Phuket で安香先生は理事会での会議で日本での開催を提案して、全ての理事が賛同した形になり、4年間という年月をかけ今度の第9回 WIOC KOBE が開催と実を結ぶことになりました。

矯正歯科は、歯並びだけを治すところだと思っている方も多いのではないでしょうか?もちろん、歯並びは綺麗になります。

ただ、綺麗になった歯並びで治療を終え、三ヵ月…六ヵ月…一年…と経ったころ、「あれ、歯並びが崩れてきてる…?」と、なってしまうことが多いです。

その原因として考えられるのは、口の周りを取り巻く筋肉(舌・口唇・頬など)が、正常な働きをしていないことにより、歯並びが崩れてしまうことが多いんです。

ですから、当院では、そのことに着目し、20年ほど前から、MFTに取り組んでいます。

MFTを行うことによって、綺麗になった歯並びを安定させ、保つことが出来るんです! さらに、アンチエイジングにも繋がり、嬉しいことがたくさんあります。

MFTとは、口腔筋機能療法(Oral Myofunctional Therapy  : OMTまたはMFT )のことで、口の周りを取り巻く筋肉(舌・口唇・頬など)の機能を改善する訓練法です。

例えば、普段お話されていない時、舌はどこに触れていますか?無意識に、歯に触れてはいませんか?

舌が歯に触れてしまっていると、舌の力で歯を押すことになってしまいます。そうして、歯並びが崩れてしまうんです。

また、笑ったときに、左右で口角の上がり方が違ったり… その左右のバランスも、MFTを行うことによって綺麗にすることができます!

事実、当院の患者様で、MFTを行って綺麗になられた方の体験談もあるので、ぜひ読んでくださいね^^

ご本人が  、綺麗になると信じて頑張られ、成果が出たと喜ばれていますよ。

http://www.sekido-kyousei.com/blog/voice

この患者様の声のページの、最後の(どこでも断られ・・・。そして巡り合った!)方が特に、MFTについて書かれているので、ご一読ください。

 

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%9f%af%e6%ad%a31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、世界的にも、このアライナー矯正治療は、希望される患者様が増え続けている治療方法です。せきど矯正歯科でも中高生の学生さんから大人の方まで、幅広い年代の方が治療しています。私達もアライナー矯正の最先端技術を取り入れるため、12月1・2日と、東京大学内の伊藤国際学術研究センターで行われた、日本アライナー矯正学術発表会に、青沼先生と、歯科衛生士である田中さんが、参加しました。

本来、診療日である金曜日をやむを得ず休診日にしなければならなかった事は、ご迷惑をおかけ致しました。皆様によりよい治療を提供させていただく為、参加しました。世界各国から、著名な矯正歯科医の先生方がいらっしゃり、その学術発表には、目を見張るような学びが、たくさんありました。各国の先生方に、共通している事は、患者さんに、

いかにシンプルで、痛みがなく、早い矯正を提供できるか、

という事でした。

 

アライナー矯正とは、マウスピース型矯正装置による治療です。当院でも、固定式矯正装置(唇側、舌側)と同様にマウスピース矯正治療を行っております。
今回の研究会には、日本国内の先生のみならずドイツ、イタリア、スペイン、タイ、中国、台湾、香港など世界各国の先生が参加されていました。それだけ、固定式矯正装置ではなくマウスピース型矯正装置 で治療される患者様が増えているという事です。

マウスピース型矯正装置には、色々な種類があります。
◍ インビザライン(invisalign)
◍ アソライナー(クリアアライナー)
◍ ケンライン(KENLINE)
◍ イークライナー(eCligner)
◍ DENマウスピース
◍ オペラグラス
◍ アクアシステム
◍ エシックス 等
当院で使用しているものは、「インビザライン(invisalign)」「アソアライナー(クリアアライナー)」 「ケンライン(KENLINE)」です。

*インビザライン(invisalign)について
★ Topページのマウスピース矯正(インビザライン)もご覧下さい。

1999年に米国アライン・テクノロジー社により、マウスピース型矯正治療「インビザライン・システム」を米国の矯正歯科医師を対象に提供を開始致しました。
目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しい歯科矯正装置です。
現在、インビザライン・システムは、世界80ヵ国以上の国々で提供され、これまでに340万人を超える患者様が治療を受けられています。

「インビザライン・システム」は、症状の程度により治療オプションがあります。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc2

 

 

 

 

*インビザライン・セブン・・軽度の不正咬合、後戻り症例

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc3  アライナーの数は7ステージ以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*インビザライン・ライト・・・矯正治療の仕上げ、軽度の不正咬合。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc4 アライナーの数は14ステージ以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*インビザライン・フル・・・全ての不正咬合。
アライナーの数は制限なし

*インビザライン・ティーン・・・主に10代の患者の治療に適応。

                                                                  アライナーの数は制限なし

 

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc5

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc6

 

 

 

 

 

 

 

アライン・テクノロジー社は、従来のインビザライン・システムの臨床的利点を備えた、10代の患者を対象とする新しい治療オプション「インビザライン・ティーン」を開発しました。

★ 10代の矯正治療における懸念点を考慮したデザイン

歯根の移動 アライナーに加工されるパワーリッジ機能は、切歯のリンガルルート トルクを達成するために望ましいモーメントを加えるようデザインされています。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc7

 

 

 

 

 

 

萌出途中の歯牙 完全萌出していない歯牙の過剰萌出を防ぐための「萌出タブ」および、永久歯列が未萌出または萌出途中にある歯牙に対しては「萌出スペース」を設定することが可能です。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc8

 

 

 

 

 

 

 

患者のコンプライアンス 装着時間に応じて色が変化するようにデザインされています。おおよそのアライナー装着時間を確認することができます。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc9

 

 

 

 

 

 

 

当院でも大人の患者様だけでなく、10代の患者様もインビザラインで治療されています。不正咬合の程度により治療オプションが変わり費用も変わりますので、まずは無料矯正相談をお受けになって下さい。
(アライン・テクノロジー社資料より)

*アソアライナー(旧名:クリアアライナー)について

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc10

 

 

 

 

 

 

 

 

アソアライナー(Aso Aligner)とは、透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置です。通常約一カ月に一度の間隔で印象採得を行い、その都度アライナーを製作し、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のアライナーで矯正力をコントロールできるので疼痛を軽減させることができます。

< Aso Alignerによる治療の流れ >

◍ 診断・分析(歯科医院)
治療に適応できるか否かを決定
◍ 印象採得(Step1)(歯科医院)
製作の為の作業用模型を作製
◍ セットアップ模型製作(技工所ASO)
セットアップ模型を作製し、専用ソフトを用いて歯の移動を確認

◍ セットアップ模型の確認と承認(歯科医院)
◍ アソアライナー製作(技工所ASO)
◍ 治療開始・装着(歯科医院)
患者様にアソアライナーを使用して頂く。原則として最低でもソフトを10日間使用し、その後ミディアムを10日間、ハードを10日間以上装着して頂く。

◍ 印象採得(Step2)(歯科医院)
Step1のアライナーの使用を始めて約一カ月後に次のStepのアライナー製作の為印象採得し、作業用模型を作製

以降繰り返し、歯を移動させる。
(ASO InternationalのHPより)