新システムを導入致しました。 従来よりあるポイントシステムに加え 今週の合言葉を教えて頂くことで1ポイントのボーナスがもらえます!!! 合言葉を 受付でそっと教えてくださいね。 ただし、受付で予約をして時間を守って頂いた方へのボーナスポイントとなります。 どうぞこの機会を利用してポイントをゲットし早く 欲しいプレゼントを手に入れて下さい。

今週の合言葉(8/25~8/31) 万世橋(まんせいばし) 

ポイントが貯まった人は http://www.sekido-kyousei.com/blog/archives/2503 をチェック!

夏休みも残りわずかとなりましたがお子様方は宿題は終わりましたでしょうか?今週はちょっと面白いカフェのご紹介です。旧万世橋駅の開業時に作られたホーム部分を『2013プラットホーム』として整備、デッキとしてよみがえりました。高架橋にある旧万世橋駅のふたつの階段を通り、線路階にあるホームに上り、実際に駅構内を歩く気分で回遊できます。ホームではガラスに囲まれた展望カフェデッキが待っています。 中央線がすぐ両脇を行き交う、特別な空間です。まるで幅広い線路の中でお茶をしているような感じです。鉄道マニアは勿論のこと、そうでない方も是非近場での夏休みの想い出に訪れてみてください。

 

合言葉(8/18~8/24) フライボード 

夏休みももう残りわずかですね。皆様、楽しいお休みを過ごされましたか?あと1~2週間程ですが、今しかできない楽しいスポーツをご紹介します!「フライボード」って、ご存じですか?水上バイクの噴射の力を利用し、装着している人が連続空中飛行を楽しめる乗り物なのですが、某CMで取り上げられて以来大人気!2012年5月より世界28カ国で発売された新しいマリンスポーツです。「難しそう」「危険なのでは?」と思いがちですが、危険度・難易度は極めて低く、誰でもすぐに空中浮遊が出来ちゃうのがこのフライボードの魅力です!関東にもいくつか体験できる場所があるみたいなので、この夏にぜひお試しください!
合言葉(8/4~8/17) エーゲ海
ヴィラ今週はとっても素敵な場所を見つけたのでご紹介します!皆様、サントリーニ島ってご存知ですか?エーゲ海にあるギリシャの島なのですが、青と白との美しいコントラストが素敵で人気の島なのです。白い壁に青い屋根の教会や家々が立ち並ぶサントリーニ島。エーゲ海に浮かぶこの島はカップルやハネムーンに絶大な人気を誇るロマンティックな島。一度でいいから行ってみたい・・・ですが、なかなかギリシャまで行ける時間などない人がほとんどでしょう。そこで!なんと高知県にサントリーニ島に行った気分になれちゃう場所があるんです!その名も「ヴィラ・サントリーニ」です。白亜の建物には青い海と空が映え、まさにリゾート気分満載。エーゲ海は遠いけど、ここならすぐに行けちゃいます!実際にサントリーニ島へ行った事がある人も満足できてしまうほど、忠実に再現されているそうです。お部屋の内装もギリシャ風。レストランでギリシャ料理を食べることだってできちゃいます。きっと素敵な想い出作りができますよ。ぜひ調べてみてください♪
合言葉(7/21~8/3) ホグワーツ城 
070335857月が終わってもう8月です。毎日茹だるような暑さ・・・夏バテなど大丈夫ですか?体調管理をしっかり行ってくださいね。さて、8月といえば夏休み。皆様、遊びに行く場所はもう決められましたか?まだの方ももう決まってしまった方も、行って頂きたい場所があります!それは大阪のユニバーサルスタジオジャパン!この夏ハリーポッターの物語の世界をそのまま再現した新エリアが登場しました!その名も「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」。アトラクションだけでなく、魔法使い達が住む村、ホグズミード村を忠実に再現していて、ハリーポッターファンはもちろん、そうでない人も興奮すること間違いなし!あるお店では「杖が魔法使いを選ぶ」様子を体験したり、ご自身の杖を買う事もできちゃいます!そして今回の合言葉である「ホグワーツ城」はこのウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターを象徴する壮大なお城です。お城の中には「動く肖像画」や「組み分け帽子」が話しかけてくることもあるそうです!
合言葉(7/7~7/20) シュトーレン 
c0177814_9532656安香先生は先週、学会の為ドイツへ行かれてました。ドイツといえば、皆様何を思い浮かべるでしょうか?ソーセージ?ビール?ベルリンの壁?・・・今回はドイツのお菓子についてお話しします!ドイツのお菓子といえば、バームクーヘンが有名ですが、ドイツで最も有名なのは「シュトーレン」と呼ばれるお菓子です(ちなみにドイツでバームクーヘンは殆ど見かけないんですって!)。シュトーレンとは、生地にドライフルーツやナッツが練り込まれており、表面には粉砂糖がたっぷりまぶされたパンのようなもの。シュトレンは元々ある地方の郷土菓子でしたが、今やドイツを代表するお菓子として、クリスマス時期になるとドイツ中のケーキ屋さん・パン屋さんで焼かれています。ドイツではクリスマスといえばケーキよりもシュトーレンが一般的だそうです。最近では日本でもシュトーレンが置いてあるパン屋さんをよく見ます。名前は知らなかったけど、見た事はある、食べた事ならある・・・なんて人もいるかもしれませんね。少し固めのパンなので、矯正中の方にはあまりおススメできませんが(笑)、食べたのことのない人はぜひ一度試してみて下さい!
合言葉(6/30~7/6) 風鈴(ふうりん) 
風鈴最近はやっと梅雨らしくなってきましたが、お天気がすごく不安定ですね。
午前中は青空が広がっていたのに、夕方には雹が降ったりと・・・このお天気はいつまで続くのでしょうか?沖縄ではもう梅雨明けしたなんてニュースがありましたね。関東も早く梅雨明けしてほしいものです。梅雨が明ければいよいよ本格的な夏の到来!毎日茹だるような暑さ・・・を少しでも爽やかな気持ちにしてくれるもの、それが「風鈴」です。夏の暑い日に透き通った音が鳴ると気持ちが涼しくなりますよね。最近は風鈴の手作り体験なんかも人気があるみたいですよ!お気に入りの風鈴を見つけて夏の暑さを乗り越えましょう~♪

 

 

 

合言葉(6/23~6/29) 百合の花(ゆりのはな) 

 

百合「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の合言葉も最後になりました。最後は「百合」です。百合はしなやかな茎の先にややうつむき加減に花が咲きます。そして風を受けて揺れる様子は、まるで女性が優美に歩いているように見えるでしょう。甘い香りは香水としても人気があり、こうした花のイメージから、女性の名前にもよく用いられていますね。そしてこの3つの花はひとつひとつで美しいばかりではありません。この3つの花はリレーするかのように順番に咲いていきます。牡丹は4月末~5月初旬、芍薬は5月中旬~6月末、百合は6月~8月に咲きます。それはまさに座っている美人が立ちあがって歩き出すという流れにそっているのです。

 

 

 

合言葉(6/16~6/22) 牡丹(ぼたん

3a0fb5913d07462f5f175786a34bf042先日「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉の中で「芍薬」のお話をしました。今回は「座れば牡丹」です。芍薬も牡丹も同じボタン科なので、花自体はよく似ています。しかし芍薬は草で牡丹は木。その違いから、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつけるため、まるで座っているかのように見え、観賞するときも座って観賞した方が綺麗に見えるそう。中国では花の王と呼ばれる牡丹の花は、華やかさの象徴なのですね。

 

 

 

 

合言葉(6/9~6/15) ワールドカップ  

無題遂に4年に1度のサッカーの祭典、ブラジルワールドカップが開幕!6月13日~7月14日(日本時間)の一カ月間で、全64試合行われます。最近はどのテレビ番組でもその話題で持ちきりですね。今大会は時差の都合で、日本国内でのテレビ観戦にはかなりの早起きか夜更かしが必須となるそう・・・。仕事や学校に差しさわりが出ないよう気を付けて応援しましょう!日本代表はCグループでコロンビア、ギリシャ、コートジボワールと激突。強豪揃いですがきっとやってくれます!初戦の相手はコートジボワール。日本時間6月15日朝10時にキックオフ。まずは一次リーグ突破!頑張れ日本代表!!

 

合言葉(6/2~6/8) 芍薬(しゃくやく)

IMG_6425今週せきど歯科に飾ってあるお花は「芍薬(しゃくやく)」です。手のひらにぽんとお花を置くと手が隠れる大きさ。とっても大きいお花で存在感ばっちり。昔から美しい女性の例えとして、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といわれています。なぜこの花達が選ばれたのか。芍薬はすらりと伸びた茎の先端に美しい花を咲かせます。香りがとてもよく、フランスではしなやかで爽やかな香りのするワインを「芍薬のような香り」と例えるそう。姿も香りも、まさにすらっとした美しい女性そのものですね。次に牡丹と百合ですが・・・それはまた次の合言葉でお話しします!どうしても気になるという人は・・・是非調べてみて下さい!

 

 

 

合言葉(5/26~6/1) 紫陽花(あじさい)

あじさい気温が高くなる日が増えてきました。日中は30度近くなることも。夏が近づいてきた!・・・の前に、梅雨の季節が到来です。朝から夜までじめじめむしむし・・・考えただけでも嫌になってしまいます()そんな梅雨時を彩ってくれるお花といえば、なんといってもアジサイ。アジサイの語源知っていますか?アジサイは集真藍(アズサアイ)から来ているという1つの説があります。つまり本物の藍で染めたような色の花がたくさん集まって咲くという意味で「集(アズ)真(サ)藍(アイ)」になったのだとか。ちょっと違う説としては、アジサイとは、アズ(集まる)サイ(藍色)から生まれた言葉ともいわれています。どちらにしても、集まると藍色というのは同じですね。

 

 

合言葉(5/19~5/25) ブラジル

imagesいよいよ男子ワールドカップが6月に迫っています!女子代表は今、アジアカップで戦っています。男子代表も先日決まりましたね!今年の開催国は・・・サッカーといえばココと言っても過言ではないくらい有名な国、ブラジルです。実はブラジルと日本にはすごく深い繋がりがあるのです。日本とブラジルは友好関係を結んでいます。現在、ブラジルには世界最大の日系社会があり、政治・経済・文化に多く関わっているのです。100年ぐらい前、日本からブラジルへ出稼ぎの為に多くの日本人が移住しました。その時から日本の農業や食文化などがブラジルで栄えました。ちなみにブラジルの農業の基礎となっているのは日本の農業。「ブラジルの野菜の半分は日系人がもたらしたもの」とまで言われているんです。そしてブラジルに住む日系人は現在なんと130万人を上回っているんですって!自分の国が世界の国と仲良しだと思うとなんだか嬉しくなりますね^^

 

合言葉(5/8~5/18) 世界遺産(せかいいさん)

images日本の世界遺産の数は18。そのうち13がお寺やお城などの文化遺産、4が富士山などの自然遺産となっています。つい先日、群馬県にある富岡製糸場が世界遺産に登録されましたね。これは文化遺産になります。これは日本初の本格的で大規模な器機製糸工場です。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地全体が国指定の史跡、初期の建造物が重要文化財に指定されています。世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる私たちが過去から引き継ぎ、未来へと伝えていかなけらばならない人類共通の遺産といえますね。

 

合言葉(4/21~5/7) 柏餅(かしわもち)

images79I064FJ5月5日はこどもの日。大空に鯉のぼりが泳ぐころ、柏餅を思い出す方もいれば、粽(ちまき)を思い出す方もいらっしゃると思います。これはいったいなぜでしょうか。それは東西の違いです。先日の桜餅もそうでしたが、関東では柏餅、関西では粽なのだそう。今回は柏餅についてお話しますね。どうして端午の節句に柏餅を食べるのかご存じですか?柏餅は日本独自のものです。柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていたことや、新芽が出ないと古い葉が落ちない為、「子どもが生まれるまで親は死なない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となり、柏餅を食べる習慣が定着していったのです。

 

 

合言葉(4/14~4/20) 菜の花畑(なのはなばたけ)

4597078832_dbaf0dbd3f_o黄色いじゅうたんの様に一面に広がる菜の花畑。春の日差しをいっぱい浴びて、きらきらと咲き誇るその姿は、そこにいるだけでみんなを幸せな気持ちにさせてくれます。ゴールデンウィークの予定に組み込んで、お出掛けしてみてはいかがですか?目で十分楽しんだ後は、菜の花を使ったお料理で春を味わうのもいいですね!

 

 

 

 

 

合言葉(4/7~4/13) 桜餅(さくらもち)

imagesQ9ESD4Q1この季節になると毎年食べたくなるもの、それが桜餅。桜の葉で包まれた桜色の餅の中にあんが入っている和菓子ですね。可愛らしい春の定番です。本来は桜の開花を待ちながら食べるのが粋なのかもしれませんが、桜を見ながら食べる桜餅もいいものです。そんな桜餅に種類があるのをご存じですか?関東出身の方にとって桜餅といえば「長明寺」。長明寺とは小麦粉メインの生地をクレープ風に焼いた桜餅のことで、関東ではお馴染み。対して関西の主流である「道明寺」とは、もち米を蒸して乾燥させた道明寺粉を使った桜餅で、つぶつぶとした食感が特徴です。一般的に人気なのはどちらなのでしょう?あるアンケート結果では圧倒的に関西の「道明寺」が人気だったようです!最近では関東の和菓子屋さん、スーパーでも売られているのをよく目にしますね。やはり道明寺人気という表れなのでしょうか・・・?ちなみに、これを書いている私も道明寺派です!皆様のお好みはどちらでしょう。写真の左が関西風、右が関東風です!

 

合言葉(3/31~4/6) ソメイヨシノ

imagesみなさん、「染井吉野(ソメイヨシノ)」って聞いたことありますか?人の名前なんかじゃないですよ!桜の名前なんです。日本に咲く8割の桜がこのソメイヨシノ。どうしてこんな名前がついたのでしょう?それは江戸末期から明治初期に、江戸の染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達が売り出したからだと言われています。奈良の吉野山にならってつけたといわれることもあるそうですが、それとはまったく関係ないんですって!では、どうして日本にこれほどまで普及したのでしょうか。それは、ソメイヨシノがいくつかの長所を持っていたからだと考えられます。ソメイヨシノは先に花が咲き、後から葉が開きます。花の種類によっては花と葉がほぼ同時に開くものもありますが、ソメイヨシノのように花が先のほうが見栄えがするため評判がいいのです。また、ソメイヨシノの花は少し大きめで、花付きもよく、見た目が豪華。さらに成長が早くて10年も経てば立派な木になり、他の桜に比較すると若いうちから花を付けます。これらの長所を持っていた為、ソメイヨシノは明治に入ってから、全国の城跡や公園、学校、道路沿いなどにも植えられ、急速に普及していったのだそう。

 

合言葉(3/24~3/30) 桜まつり

無題冬の厳しい寒さがようやく終わりを告げ、待ちに待ったピンクのつぼみが開き始めました。日本の春の代名詞ともいえる、桜の季節の到来です。桜を楽しめるのは、1年の中でもほんの2週間、桜の名所と呼ばれるスポットはこの時季に限って、昼夜を問わず賑やかになります。皆様も街が桜色に染まるその2週間で、暖かい季節へ心を切り替えてみましょう。東京の開花予想は3月25日、満開になるのは4月1日だそうです。これに合わせて、今週末から来週にかけて様々な場所で桜まつりが行われます。模擬店なども出店され、大変賑わいます。そして忘れてはいけない、夜桜!太陽の下で楽しむお花見はもちろん、ライトアップされた夜桜はとても幻想的で、美しいです。夜桜イベントも多数開催されるようです。暖かくて気持ちいい空の下、お花見に出かけてみてはいかがですか?

 

合言葉(3/10~3/23) パラリンピック

imagesUHD06ET8こないだ閉幕したソチオリンピックでは合計8個のメダルを獲得した日本。日本中がひとつになって、盛り上がった17日間でした。ですが、オリンピックはまだ終わっていません!パラリンピックが残っています。パラリンピックとは、体になんらかの不自由を持った人たち(視覚障がいも含む)を対象とした競技大会の中で世界最高峰の障がい者スポーツ大会のことをいいます。パラリンピックの由来ご存じですか?なんとこのパラリンピックという呼び名、日本人が発案したんだそうです!1964年、東京で開催された車いす競技大会の愛称として初めて使われました。これはパラプレジア(Palaplegia=脊髄損傷等による下半身麻痺者)+オリンピック(Olympic Games)の造語でした。1985年IOC(国際オリンピック委員会)がパラリンピックという呼称を用いることを正式に認めるとともに、半身不随者以外も参加するようになったことから、パラレル(parallel=平行)+オリンピック(Olympic Games)で、「もう一つのオリンピック」として再解釈することにしたそう。今年のパラリンピックは3月7日から16日までの9日間。日本はいくつメダルを獲得できるでしょうか、楽しみですね!

 

合言葉(3/3~3/9) モルセラ

images0H0BX3NQ3月になって、だんだん春めいてきたかな?と思いきや、急に温度が下がって真冬並み・・・なんて日々が続きますね。この時期は体調を崩しやすくなりますので、皆様お気を付け下さい。さて、今週の合言葉は「モルセラ」です。今週せきど歯科に飾ってあるお花です。モルセラの花は桃色がかった白色で、ハッカに似た匂いがします。このお花を包み込むように淡緑色の萼(がく)がつきます。その萼の部分が2枚貝の貝殻のようにも見えるので、「貝殻サルビア」という別名があります。なんだか不思議な形ですが、とっても可愛いお花です。

 

 

 

 

 

合言葉(2/24~3/2) 桃の節句(もものせっく)

imagesV5GUYYUZ3月3日はひなまつり。「桃の節句」とも言われるこの日ですが、どのようにしてひなまつりが始まったのでしょう?ひなまつりの起源は大変古く、平安時代まで遡ります。昔の日本には五つの節句があり、当時この行事は貴族の間で、それぞれ季節の節目のけがれを祓う大切な行事でした。その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」がのちの「桃の節句」となります。平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って、健康と厄除けを願いました。この行事が、のちに宮中の紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」と発展していきます。室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、紙ではなく豪華なお雛様を飾って盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、桃の咲く頃に行うお祝いだからだそう。

 

合言葉(2/17~2/23) かまくら

1024-768[1]二週連続して大雪が降り、なにかしら皆様大変な思いをされた事と思います。二度目の積雪はその後、雨となり道路には氷水の水たまりがあちこちに見受けられましたね。雪の中、来て頂いた患者さまの中には、これから帰ったら雪で遊ぶ!と笑顔でお話してくれた方もいらっしゃいました。さて、今回の合言葉はかまくらです。かまくらと聞くと、みなさま雪洞を想像される方が多いと思います。実は、かまくらとは、秋田県や新潟県など日本でも雪が多く降る地域に伝わる、伝統行事なんです。雪で作った雪洞の中に祭壇を設置して、水神を祀るのだそうですよ。かまくらを作るかまくら職人さんもいらっしゃるそうです。今では、伝統行事に関わらず、雪洞自体が「かまくら」と呼ばれていますよね。たくさん降り積もったので、かまくらを作った方もいらっしゃるのではないでしょうか?またどんな雪遊びをしたのか、素敵なお話をお聞かせ下さいね。

 

 

合言葉(2/3~(2/16) バレンタインデー

imagesCAOB0DD92月14日はバレンタインデー。毎年デパートやお店にはいろいろなお菓子がバレンタイン仕様の可愛い飾り付けをされて並んでいます。日本でもすっかり定着したこのバレンタインデー。始まったきっかけをご存じですか?バレンタインデーはもともとローマ皇帝によって死に追いやられた聖バレンタインに由来する記念日。当時ローマでは2月15日はルペルカリア祭という豊作を祈願する祝日。この前日である2月14日に若い女性たちは自分の名前を書いた札を桶に入れ、祭り当日に男性たち(兵士)が桶から札を引き、引いた男性と札の名前の女性が祭りの間パートナーとして一緒にいることが習わしでした。そしてそのまま結婚するというのが一般的。しかし、若い男性たちが結婚をすると士気が下がってしまうとして、国として結婚を禁止しました。そんな中、キリスト教の司祭であったバレンタインは密かに兵士と恋人をかくまって結婚させていました。この行為が発覚しバレンタインは捕まってしまうのです。その頃のローマではキリスト教は異端の宗教と考えられており、見せしめのためにルペルカリア祭の前日(2月14日)に処刑されました。その後、キリスト教徒の間ではバレンタインを聖人として、処刑された日を恋人たちの日として、セント・バレンタインデーとなったそうです。

 

合言葉(1/28~2/2) 恵方巻(えほうまき

無題2月3日は節分。豆を撒いて、鬼を追い払い、福を呼び込むという日本の伝統文化。そして、節分といえばもう一つ。恵方巻きです。太い巻きずしをラッパを吹くようにくわえて恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べることにより、一年間良い事があるといわれています。巻き寿司を使う理由は「福を巻きこむ」からで、またまるごと食べるのは「縁を切らないよう包丁を入れない」ということです。また、恵方とは陰陽道で、その年の干支に基づいてめでたいと定められた方角のことを表します。ちなみに今年は東北東だそうですよ。

 

 

 

合言葉(1/20~1/27) ウィンタースポーツ

images年が明けてから早くも3週間が経ちました。毎日本当に寒い日が続いていますね。最近はインフルエンザやノロウィルスが非常に流行っているそうです。皆様もお気を付け下さい。さて、今回の合言葉は「ウィンタースポーツ」と聞いて思いつくものはなんですか?代表的なのはやはりスキーやスノーボードでしょうか。患者様の中にもスキーを習っている方が何人かいらっしゃいますね。ウィンタースポーツとはスポーツの中でも特に冬季に行われるものの総称です。2月に行われるソチオリンピックの競技も、フィギュアスケートをはじめにほとんどがこの「ウィンタースポーツ」と呼ばれるものです。スポーツが苦手、なんて方も今年はウィンタースポーツをしにゲレンデへ出かけてみてはいかがですか?風邪をひかないよう、防寒対策はしっかりしてくださいね!

 

合言葉(1/13~1/19) ソチオリンピック

無題来月の7日から開催される「ソチオリンピック」。もう1ヵ月を切りましたね!ソチはロシアの地方都市で、ロシアでの冬期オリンピックが開催されるのは今回が初めてだそう。さて、オリンピックには夏季と冬季があります。今回のソチオリンピックは冬季大会になります。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季大会、その2年後に冬季大会というふうに2年おきに夏季大会と冬季大会を交互に開催しています。当初は夏季大会と冬季大会は同じ年に同じ国で開催されることになっていましたが、1928年のアムステルダム大会ではオランダに雪山がなくて、会場が確保できませんでした。そのため、サンモリッツという別の場所で開催されることになり、その後は夏季と冬季は同じ国で開催されるという原則はなくなったのです。冬季オリンピックといえばスキーやスケート、日本ではフィギュアスケートが一番人気かもしれませんね。日本人選手がひとつでも多くメダルを獲得できるよう、皆さんで応援しましょう!

 

合言葉(1/6~1/12) 成人の日

image新年明けましておめでとうございます。皆様どのように過ごされたのでしょうか?ゆっくりお家でお雑煮を食べたりおせちを食べたり・・・スキーにいってきたよ!なんて楽しそうに話して下さったお子様もいらっしゃいました。2014年もせきど歯科をよろしくお願い致します。さて、新年初めの合言葉を更新します。今回の合言葉は「成人の日」。来週13日の月曜日は「成人の日」といって20歳を迎えて大人になった新成人をお祝いする日です。ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようで、振袖を着た女性、袴を履いた男性を街中でたくさんお見かけすることでしょう。去年の東京は大雪で大変でしたが、今年は晴れてくれるといいですね。せきど歯科にも今年新成人のスタッフが2名います。写真はそのうちの一人の女の子にお願いして撮ってきてもらったものです!

 

 

 

 

合言葉(12/23~1/5) 午年(うまどし)

imagesCACZA8OH2013年も本当に残りわずか!皆様、年末の大掃除や整理に追われて大忙しのことでしょう。さて、今週の合言葉は2014年の干支、「午年(うまどし)」です。この「午(うま)」にはどんな意味があるのでしょう。本来の読みは「ご」ですよね。十二進法では、前半(午前)が終わり、後半(午後)が始まる位置にあり、その交差点を「正午」といいますね。つまり、十二支の中間に位置し、草木の成長期が終わって、衰えを見せ始めた状態を表したものだと考えられています。これを「馬」としたのは、十二支を世間に浸透させる為、動物の名をあてたのだそう。今年の合言葉の更新はこれが最後です。今年も一年、無事に過ごす事ができ、大変嬉しく思います。皆様の歯並びが良くなっていく事を願い、来年もまたよろしくお願い致します。皆様揃って、よい年をお迎え下さい!

 

合言葉(12/16~12/22) 今年の漢字 「輪(わ)」

images今年も残すところあとわずか。この時期になると話題になるのが今年1年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」ですね。毎年12月12日の漢字の日に京都清水寺で発表されます。今年は17万余りの応募から最も多い9518通を集めた「輪」という漢字が選ばれました。2020年東京オリンピックの開催決定や、富士山の世界遺産登録、サッカーW杯への日本代表の出場決定など、「日本中が輪になって歓喜にわいた年」であり、台風などの相次ぐ自然災害にも「支援の輪が広がった」ことなどが理由に挙げられたそうです。2位には東北楽天イーグルスの日本シリーズ初優勝などから「楽」、3位には流行語になった人気ドラマのセリフなどから「倍」が続きました。漢字の「輪」には大勢の人が手を握り合い、円滑に回転していくという意味があるそうです。来年も、この輪を繋げていきたいですね。

 

 

 

合言葉(12/9~12/15) サイレントナイト

0000001717診療室に飾ってあるこの絵、誰によって描かれたものでしょうか?実は、院長の安香先生の作品なんです。クリスマスの定番ソングといえば世界中にたくさんありますが、今回はその中から「きよしこの夜」についてお話したいと思います。この歌は1818年のクリスマスの数日前、オーストリアのザルツブルグの近郊の村で突然壊れてしまったオルガンの演奏の代りにと、牧師補のヨーゼフ・モールが詩を書きその教会のオルガニストのフランツ・グルーバーが曲を付けて、即席に作ったクリスマス・ソング。その歌をその壊れたオルガンの修理にやってきた技師がチロルというヨーロッパ中部の地域へ伝え、それがどんどん広がり、各地の教会で歌われるようになりました。そして1840年頃にはニューヨークでも歌われていて、この小さな村で生まれた小さな歌はいつの間にか世界の歌になっていきました。現在この歌が生まれた村にはこの歌を記念して「静かな夜の教会」が建っています。安香先生はこのお話を元に描かれたのです。ご来院の際はぜひ見てみてくださいね。

 

合言葉(12/2~12/8) クリスマスツリー

000000172312月になりました。今年も残すはあと1ヵ月ですね。12月といえばやっぱりクリスマス。街中もライトアップされて煌びやかになってきました。中でも一番目立つものは…そう、クリスマスツリーです。皆様のお家にも飾られているのでは?クリスマスツリーはだいたいもみの木ですよね。なぜもみの木が使われているか、ご存じですか?実はもみの木を使うのは日本だけ!ヨーロッパで広くクリスマスツリーに使われる木、ドイツトウヒの学名が「picea abies」。この「abies」がマツ科モミ属の属名「Abies」と同じなので混同してしまったそう。日本でもみを使うのはうっかりミスによるものなのです。さて、それではどうしてこれらの木が使われているのか。それは諸説ありますが、 共通していることは、樹木というものが力強さを表すものであり、 その中でも針葉樹で冬でも葉を落とさないことから、 永遠の命の象徴とされ利用されているそうです。

 

 

 

合言葉(11/25~12/1) 霜月(しもづき)

無題11月の事を陰暦で「霜月」と呼びます。この月になると霜が降りるようになるところから「霜降り月」から「霜月」に転じたと言われています。いかにも冬らしい異称ですよね。ですが、実は「霜月」以外にもこの月の異称は多く、「神帰月(かみかえりづき)」「神楽月(かぐらづき)」「雪待月」などともいわれるそう。面白いのは「神帰月」。これは陰暦10月(神無月)に出雲大社に集まった神々が、11月になるともとの国へ帰り来るから、ということのようです。全国の神が帰ってしまっても、出雲の神はそのままなので、出雲では「神無月」になることはないのでしょう。「神楽月」は、この月には稲の収穫を祝うなどして、神楽を奏することが多い為だそうです。

 

 

合言葉(11/18~11/24) 七五三

200px-Shichigosan_at_Ikuta_Jinja_Shrine[1]今月は休日になると和装姿をした家族連れを見かけます。皆様ご存じの通り日本の古きからの行事である七五三を現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことも多くなっているからです。北海道等、寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっていることから、1か月早めて10月15日に行なう場合が多いそうです。旧暦の15日はかつては二十八宿鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになったそうです。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。奇数縁起の良い数と考える中国思想の影響もあるようです。 3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りであり、現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあります。少女(極稀に少年)は、この時に初めて化粧厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多いですが、いかがでしょう?最近の20歳代の若人は、夏祭りに浴衣を着たり和装に興味をもっている人が多いように感じますが、それはとっても良い流れになっていると思います。世界との交流が盛んになってきた近年、自国の文化を世界にアピールできる若者が増える事は悦ばしいことです。

 

合言葉(11/11~11/17) 微笑みの国

imagesCA5SYIRL来週から1週間、院長の安香先生はタイのプーケットで開催される学会に参加されます。そこで、タイについて少しお話します。皆さんはタイが「微笑みの国」と呼ばれていることをご存じですか?それはタイ人の国民性にあります。いつも笑顔を絶やさない温厚で優しい気質の人が多く、細かい事は気にしないで明るく元気に生きていこう…という楽天思考。タイ人が特に好む言葉は「マイペンライ(問題ない)」「サヌック(楽しい)」「サバイ(元気がいい)」の3つだそうです。どれも平穏を好み、変化や緊張、ストレスを嫌うタイ人らしさが表れた言葉ですよね。しかし、自動車事故などでも当事者同士が笑顔で「マイペンライ」と言いあっていたり、叱られている人が笑顔を浮かべていたりと…なぜこんなときに笑っていられるのか、と思うこともあるそうです。それは、タイ人の人たちは悪い事が起きると「これ以上悪い事はない」「もう笑うしかない」という理由で笑みを浮かべるのだそう。私達にはなかなか理解できないかもしれませんが、子供の時からそう教育されているそうなので、これはもう「文化」の一つなのでしょう・・・。

 

合言葉(11/4~11/10) トパーズ

imagesCAMSY831深まる秋にしっとりと広がる黄昏のような美しい色をした宝石トパーズは11月の誕生石です。トパーズの語源の一つは、ギリシャ語の「探し求める(トパーシオ)」に由来しているといわれています。トパーズを豊富に隠し持つ島々はいつも深い霧に覆われていた為、船乗りはそんな島を「トパーズ島(探し求める島)」と呼び、それが宝石の名前になったといわれています。トパーズはその昔、紳士にこよなく愛された宝石でした。古代ローマの男たちは紳士の証として指輪を入れておく宝石箱を所有していたといいます。彼らは指輪の数で紳士の位を競いました。そのなかでも太陽のように輝かしいトパーズは男をあげる最高の小道具だったそう。ところでトパーズは夜に光る性質。その神秘的な様子から「悪魔払いになる」「夜の恐怖心を取り除く」などといわれ、そんなトパーズを持つと熟睡できることから、「美と健康を促進する」とさえいわれています。肌身離さず着けていると、「真実の友人や愛する人を繋ぎとめられる」とも。真実の友情も愛情も、なかなか手にする事が難しいことから、「探し求める」を語源に持つトパーズが結びついたのでしょう。

 

合言葉(10/28~11/3) 文化の日

th11月3日はなんの日でしょう?この日は「文化の日」といって、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とした国民の休日です。以前、この日は明治天皇の誕生日で明治節と呼ばれていましたが、文化の日は明治節とは関係なく定められました。この日は文化の発展に功労のあった人々に文化勲章が授与され、また文化功労者および各種褒章の受賞者の伝達式などが行われています。学校の「学習発表会」や「展示会」が行なわれるのは11月が多いですが、もしかしたらこの文化の日に関係してるのかもしれませんね。

 

 

 

合言葉(10/21~10/27) オパール

imagesCA28XA6V10月の誕生石は「オパール」。このオパールが形成されたのは約6千年前のまだ恐竜が生きていた時代、なんと1cmのオパールが出来るには約500万年かかると考えられています。オパール独特の虹のような神秘的な光は古来から「幸せを招くお守り石」として祟められてきました。石の中でちろちろと光が、赤、青、黄・・・と動いているかのような現象はオパールだけに起こる遊色効果。オパールは強い火の気を持っているため、細胞が活性化し、容姿をいつまでも美しく保つ力があるといわれています。さらに古くから眼の治療に用いられたほか、霊的能力や直感力、創造性を高めるといわれています。オパールは日本名では「蛋白石(たんぱくせき)」といい、卵の白身部分の色である乳白色に似た色をしていたことから名付けられたといわれています。

 

 

合言葉(10/14~10/20) ハッピーハロウィン

f5049a371218b1[1]今週末はいよいよせきど歯科の大イベント!ハロウィンパーティーが行なわれます。近頃日本でもだんだんと普及してきた「ハロウィン」。子供たちが可愛い仮装をしてお菓子をもらいに街を歩きます。お化けの衣装はもちろん、プリンセスの格好をした女の子も良く見かけます。子供達はみんな「トリックオアトリート!(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!)」と楽しそうに声を弾ませています。せきど歯科も当日は可愛い格好をしたお子様たちで溢れかえります。院内もスタッフが頑張って飾り付けをしました。当日は楽しい遊びが盛りだくさん。美味しいお菓子も、特別なプレゼントも準備しています。本来は歯医者さんなんてこと、みんな忘れてしまうかも!?少し早めのせきど歯科ハロウィン。一年に一度、みんなでこのイベントを楽しみましょう!ハッピーハロウィン☆

 

 

合言葉(10/7~10/13) フォックスフェイス

20110108063630e10今せきどに飾ってあるのは「フォックスフェイス」といって、ナス科でまるでキツネの顔のような実をもったお花です。また、果実の付け根にツノのような突起があるので、ツノナス「角茄子」とも呼ばれています。鮮やかな黄色で大きな実に惹かれますよね。「美味しそう」だなんて感想を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、猛毒を持っているので決して食べることはできませんのでご注意を!

 

 

 

 

合言葉(9/30~10/6) コスモス

無題朝晩はめっきり冷え込む季節になりました。気づけば10月。今年ももうあと3カ月しか残っていません。本当に月日が経つのは早い・・・。気温差に風邪が流行する季節でもありますね。皆様、くれぐれも体調を崩さないようお気を付け下さい。さて、今週の合言葉は「コスモス」。10月の誕生花の1つです。コスモスは有名なお花ですが、色によって花言葉が異なります。一般的に有名なコスモスの花言葉は「乙女の純真」「真心」といった純潔系の言葉が並んでいますが、これは白いコスモスの花言葉になります。赤いコスモスは「乙女の愛情」です。赤いコスモスの色は愛情を表す赤だからでしょう。そしてとても綺麗なピンクのコスモスの花言葉も同じような意味があるようです。黄色いコスモスは「野生の美しさ」。実は黄色いコスモスは品種改良で人間が作り出したものなのに、それとは反対の花言葉がつけられているのです。黒いコスモスがあるのを御存知ですか?黒いコスモスの花言葉は「恋の終わり」なのだそう。

 

合言葉(9/23~9/29) サファイア

th9月の誕生石は「サファイア」。「天空は、地球を含んだ巨大なサファイアである・・・」空とサファイアを例えてこう表現されていたとか。実に壮大で美しいイメージの言葉ですよね。空が青いのは大地のサファイアの青が映ったともいわれ、空気を敏感に感じるサファイアは天候によって光り具合が変化すると、古代の人はそう信じていたのです。サファイアは様々な色の種類を持っていますが、代表的なのはやはり青。深いブルー、落ち着いた色合いのサファイアの石言葉は、誠実・心理・慈愛・貞操。その深みのある青色は揺るぎない心の象徴と言われ、永遠の愛を誓う結婚指輪としても好まれているそう。この石を身につけた人が浮気心やよこしまな考えを持つと、それを反映させて石の色を濁らせてしまうと信じられていたそうです。

 

合言葉(9/16~9/22) 秋分の日(しゅうぶんのひ)

hana_0039月23日は「秋分の日」と言い、「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ人」として制定された国民の休日です。秋分の日は春分の日と同様、昼と夜の長さが等しくなる日、と言われていますが、実際は昼の方が若干長いのだとか。しかし、春分の日よりも昼の平均気温は10度も高く、まだ夏の気配が残ります。秋分の日を中心とした一週間を「秋彼岸」と言います。各家庭では、家族揃ってお墓参りに行ったり、祖先を供養する「法会(ほうえ)」が行なわれたりします。赤い色をした「彼岸花」が有名ですよね。この花はまさに秋の彼岸頃に花を咲かせることからこの名前がついたそうです。

 

 

 

合言葉(9/9~9/15) 東京オリンピック

f0168149_113152442020年、東京オリンピックの開催が決まりましたね!決まった瞬間には多くの日本人が歓喜したことでしょう。2020年のオリンピック開催地にはマドリード、イスタンブール、そして東京の3つの都市が立候補しました。100人による選定委員によって投票が行われ、第1回目で東京は過半数に届かなかったものの、42票を集めて一位で突破。最下位を除外し第2回目の投票で東京は60票を獲得し、2020年東京オリンピックの開催が決定しました。7年後のオリンピックへ向け東京はどのように変化していくのでしょう。今から楽しみです。せっかく東京で開催されるのですから、実際に自分の目で、耳で、そして体で感じてみたいものですね。

 

 

 

合言葉(9/2~9/8) パンパスグラス

081500021今週せきどに飾ってあるお花は「パンパスグラス」。今が旬のお花。原産地はブラジル・アルゼンチン・チリなどの南アメリカ。成長すると3メートルを超える背丈にもなり、見た目はさながら巨大なススキ。開花が進むにつれて、綿毛のようにふわふわしてきます。自動車のフロントガラスをふく、ブラシみたい?見た目はさながら巨大なススキ。ゆらゆらと風に泳ぐ様は、近づく秋の気配を感じさせます。「パンパ」という草原地帯に分布する芝、の意味で「パンパスグラス(パンパの芝)」となりました。葉は薄くてフチが鋭いので、触り方によっては、手を切ってしまうこともあるそうです。この花の花言葉でもある「光輝」な穂の全体像を楽しむには、あまり近づきすぎずに、ほどほどの距離を取った方が良さそうですね。本来このお花の色は黄土色っぽく、まさにススキなのですが、せきどに飾ってあるものはインクを吸わせ、ピンク色に着色しています。淡くてとても可愛い色なので、ぜひ見てみてくださいね。

 

 

合言葉(8/25~9/1) 葉月(はづき)

imagesCA8VCY8D学生の皆さんはそろそろ夏休みも終わりに近づいて、残念な気持ちでいっぱいですか?それとも、お友達に早く会いたくてワクワクしてるかな?今年の夏はどんな思い出が出来たのでしょう。素敵な想い出話、ぜひお聞かせ下さいね。さて、今週の合言葉ですが、日本では旧暦8月を「葉月」と呼びます。「葉月」という名前の由来にはたくさんの説があります。木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が最も有名だそう。他には稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めてくる「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」という別名もあるそう。 夏休みもあと少し。まだまだ暑い日も続きますが、最後まで存分に楽しんでくださいね。

 

合言葉(8/5~8/24) ペリドット

peridot5mm0028月の誕生石は美しい黄緑色が特徴の「ペリドット」。ペリドットは「夫婦の幸福」という宝石言葉を持つほど、夫婦の絆を強め、いつまでも二人の幸せを守ってくれるとされているのです。7月の真っ赤な太陽が8月になると黄金の輝きに変わることから、黄金の宝石であるペリドットが8月の誕生石になったと言われています。実は古代にトパーズと呼ばれていたものが現在のペリドットだそうです。ペリドットは昼と夜の輝きの違いが少なく、夜は他の宝石に比べて輝いて見えることから「夜のダイヤモンド」「イブニング・ダイヤモンド」と呼ばれています。この石は怒りや悲しみなどマイナスな感情におちいりやすい人などには心を癒し、明るく前向きに生きていけるようサポートし、夢を実現させてくれるといわれています。途中、自信をなくしたり意気消沈してしまったとき、この石をアクセサリーとして身につけてみると、心が明るく太陽に照らされるように、ふたたび希望をもたらし向上心を復活させてくれるでしょう。

 

合言葉(7/29~8/4)        花火

2010-8-1A1A1A1A1A5B1夏といえば花火!鮮やかな大輪の花を咲かせ夏本番を告げてくれます。黒のスクリーン上に打ち上げ花火や仕掛け花火などの演出は何度見ても飽きることはありませんね。毎年、全国で約1000を超す場所で花火大会が開催されるそうです。御家族やお友達とお祭りの雰囲気を味わいながら、1年に1度、夏の花火を楽しんでみてはいかがですか?これから行われる花火大会を少しだけピックアップしてみました。せきど周辺では少ないですが、都内近郊では8月毎週末のように花火大会があります。少し遠いですが、素敵な時間と想い出づくりのために、ぜひ足を延ばしてみて下さい! ★東京湾大華火祭り :8月10日 ★神宮外苑花火大会:8月17日 ★調布市花火大会 :8月24日

 

 

 

 

合言葉(7/22~7/28) ルビー

1061149457月の誕生石は「ルビー」。燃え盛る炎のような赤い色をしています。赤色を意味するラテン語、「ルビウス」を名前の由来として持つルビーは古い時代、赤色の宝石全てを指していました。古代ローマでは「カルプンクルス」、ギリシアでは「アクスクラックス」と呼ばれ、その意味はともに「燃える石炭」。ルビーの本場インドでは、これを粉にしたものを秘薬として用いていたそう。赤色の石は全般的に「情熱」を象徴するといわれています。ルビーももちろん、情熱的な気質の石です。身につけると体内からエネルギーが湧き出るのだとか。仕事はもちろん、恋愛にも積極的に向き合おうとするようになるそうです。非常にエネルギッシュなパワーを受ける事ができるので、これから新しい環境の中で生活していく人、やる気がなかなかでない人にはオススメのパワーストーンですね。

 

 

合言葉(7/15~7/21) 夏休み

thCA1YV1NN暑い日が続いて、いよいよ夏本番ですね!夏といえばやはり「夏休み」。御両親様や社会人の方からしたら、ただただ羨ましいばかりの学生の特権・・・。大量の宿題とも戦わなければいけませんが、中高生の皆様は試験が終わってほっと一息、後は夏休みを待つだけ!なんて人もいるのでは?大学生の皆様はこれから試験本番という方が多いみたいですが、夏休みのことを思えば憂鬱な試験勉強も頑張れることでしょう。夏祭りや花火大会、夏限定のショー。国内旅行はもちろん、海外旅行に行かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。考えるだけでわくわくするような夏休み。皆様が大切な方々と素晴らしい夏の思い出を作れますように。せきどにいらした際は、ぜひお土産話をお聞かせくださいね!

 

 

合言葉(7/8~(7/14) 海の日

DSCF10517月15日は「海の日」。この日がどのような祝日だか知っていますか?祝日化される前は「海の記念日」という記念日でした。海の記念日は1876年(明治9年)、明治天皇が東北地方を観光される際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港へ帰着したことにちなんで、1941年に制定されました。「海の日」として国民の祝日になったのは平成8年。わりと最近できた祝日なのです。当初は7月20日でしたが、2003年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)によって7月の第3月曜日になりました。そして日本は、まわりを海にかこまれています。私たちは、海でとれる魚や海草を食べたり魚つりをしたり海水浴をしたりします。「海の日」はそんな海のすばらしさを思い、大切にしていこうという願いをこめて決められました。また「海に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」日でもあります。日本が温暖な気候で緑が豊かなのは、一つには海があるおかげです。外国との貿易や文化の交流など、海は日本と世界を結ぶ路なのです。こんなすばらしい海を大切にしていきたいですね。ちなみに「海の日」があるのは世界中で日本だけだそうです!

 

合言葉(7/1~7/7)七夕

6037月7日は「七夕」ですね。七夕伝説は昔の中国で生まれました。天空で一番偉い神様「天帝(てんてい)」には「織女(しゅくじょ)」という娘がいました。織女は神様たちの着物の布を織る仕事をしていて、恋人もいない織女をかわいそうに思った天帝は、天の川の向こう側で牛を飼っている真面目な青年「牽牛(けんぎゅう)」を織女に引き合わせ、やがて二人は結婚しました。結婚してからというもの、二人は毎日遊んで暮らしていました。織女が機を織らなくなったので、神様たちの着物はすりきれてボロボロに、牽牛が牛の世話をしなくなったので、牛はやせ細り病気になってしまいました。これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離してしまいましたが、「二人が毎日まじめに働くなら、年に一度、7月7日の夜に会わせてやる」と約束しました。これが現在、私達が良く知っている七夕の伝説。日本では織女のことを「織り姫」、牽牛のことを「彦星」と呼んでいますね。今年は七夕の星が見やすいと言われていますので、深夜の夜空を見上げてみてください。七夕と言えば、短冊に願い事を書いて笹に飾る風習がありますが、その発祥は「字が上手になるように」や「習いごとが上達するように」という願いが込められて始まったそうです。今年もせきど歯科にて近々笹の葉が登場する予定です。短冊も用意しますので、皆さんのお願い事を書いて吊るしてみてくださいね。

 

 

合言葉(6/24~6/30) グラジオラス

グラジオラス今週のせきど歯科のお花は「グラジオラス」。このお花、6月の誕生花なんです。グラジオラスはラテン語で「剣(グラディウス)」の意味で、葉の形がフェンシングの剣に似ているので付けられました。「戦いの準備ができた」との意味もあります。危険ないわれの花ですが、古代では恋人たちの暗号になっていました。グラジオラスを花束や籠に入れ花の数で恋人にデートの時間を知らせたそうです。日本には明治時代に渡米され、アヤメやショウブに似ているのでオランダアヤメ、トウショウと呼ばれていました。花言葉は「情熱的な恋」「勝利」など、力強いものばかりです。花の色は赤、桃、黄色、白など様々ありますが、せきど歯科に飾ってあるのは紫色のグラジオラス。ぜひ見てみて下さいね。

合言葉 (6/17~6/23) パール

pearl2[1] 6月の誕生石はパール(真珠)です。実際に見た事がある人もたくさんいますよね?このパールには「気品と輝き」「清らかな心」「純潔」というメッセージが込められています。「光り輝く希望に満ち溢れたい!」「幸運を手に入れたい」「美しく健康であり続けたい」そんな想いが伝わるかもしれません。パールは貝の中に入った異物から身を守る防衛本能から出来たもの。自分の痛みを希望の光に変える力強さ・保護力・治癒力を持っていると考えられています。昔からダイヤモンド=王様=太陽に対して、パール=女王(王妃)=月のイメージを持たれています。月は潮の満ち引きを左右するので、女性の出産など生命と強い関わりのある宝石なのです。実は日本は代表的な真珠生産国!なんと世界の養殖真珠の90%が日本産。養殖でできる貝の種類も様々で、色もホワイト・ピンク・イエロー・グリーン・ベージュ・ゴールド・ブラックなどがあります。この色は全て自然に生みだされた色なのだそうですよ。

 

 

合言葉(6/10~(6/16) 父の日

images今週末の日曜日、16日はいつも家族の為に頑張ってくれているお父さんへ感謝を伝える日。父の日です。父の日は1909年にアメリカで、ある一人の女性が男手ひとつで育ててくれたお父さんを讃えて、教会の牧師さんにお願いし、お父さんの誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。彼女が幼いころに南北戦争が始まり、お父さんは戦場へ向かいました。彼女を含む6人の子供達はお母さんが育てる事になりましたが、お母さんは過労が元でお父さんが戦場から戻ってすぐに亡くなってしまいました。それ以来、男手ひとつで育てられましたが、子供たちが全員成人するのち、お父さんも亡くなってしまったのです。最初の父の日の祝典はその翌年の1910619日に彼女たちの故郷で行われました。当時すでに母の日は始まっていました。そこで、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師教会へ嘆願したことがきっかけで父の日も作られました。日本では1950年頃から広まり始め、一般的な行事になったのは1980年代頃だそうです。普段なかなか感謝を伝えられない人も、この日くらいは照れ臭いのを我慢して素直な気持ちを伝えてみて下さいね。きっと喜んでくれるはず!