第70回日本矯正歯科学会は、10月17日(月)~20日(木)に名古屋国際会議場で行われる予定です。

この70という数字には大変大きな意味があります。というのは一人の矯正医としての人生を超えて、何代にもわたりこの学問を継承し、組織としては健全であることは素晴らしいです。

おそらく私たちの社会その意識が、ご自分の体の健康だけでなく、口の健康にまで気を使うようになったからではないでしょうか。

特に、認定医、専門医制度は、歯並びについて困っている時にどこへ相談すれば良いのか一つの目安にもなり、わかりやすいでしょう。どのようにすればこの情報が得られるでしょうか?

http://www.jos.gr.jp/nintei/index.html をクリックして を再びクリックすればその説明があります。

勿論、学会は矯正の先生たちの集まりと勉強ですが、市民の為の講演があり、この医療分野を分かりやすく矯正治療について、また矯正専門医についての説明もあります。

本大会ではメインテーマを「矯正治療の今、そして未来へ」とさせていただきました。矯正治療の現状と今後のあり方を皆様方と一緒に考えていきたいと思い、基調講演、特別講演、シンポジウムなどを企画しております。

とてもご活躍の日本矯正歯科学会会長は、今回大会長でもあり第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議大会長でもある 後藤滋巳先生です。

一般の人々に、矯正という学問を知っていただく為、また国民健康の向上の為に市民公開講座を行う予定です。

市民公開講座は愛知県産業労働センターにて10月16日(日)13:00~16:00に行われる予定です。

そのテーマは“先延ばしにしていませんか?歯並び治療”

お二人の日本矯正学会会員が講演担当になっています。

そのタイトルは以下の通りです。

“子供たちの健全な歯と顎の成長発育の為”という題で井上 裕子先生。

またもう一人の先生は関西ではとても有名な先生で、居波 徹先生です。

その題は“歯並び治療 その一歩を踏み出さないあなたに”を予定されています。

今回は70周年矯正学会だけあって、国内外のエキスパートの先生方の講演が多く予定されています。

特別講演1- International

西村一郎先生、日本の先生ですが、先生は現在米国UCLAの生体工学教授でもあります。

以下は先生の略歴:

Professor, Division of Advanced Prosthodontics, Biomaterials and Hospital Dentistry and Division of Oral Biology and Medicine, UCLA School of Dentistry, USA

Director, The Weintraub Center for Reconstructive Biotechnology

Co-Chair, NeuroEngineering Program, UCLA Biomedical Engineering Inter-departmental program, UCLA Henry Samueli School of Engineering and Applied Science

上記のようなとても素晴らしい経歴を持たれていらっしゃいます。

その題は:

神経工学:ひとにおける生物心理社会的ネットワークの発達

英語で翻訳すると:

“NeuroEngineering: Evolution of Biopsychosocial Networks in Humans”

矯正の先生は単なる歯並びだけでなく、沢山の勉強を継続しなければなりません。

特別講演 2 International

今回は日本矯正学会の名を世界的に知られるように、特に我が国の専門医制度に関してWFO World Federation of Orthodontistsという国際組織の正会員になるためでもあります。

勿論、日本矯正学会会員の技術の評価は高いですが、まだ加盟する為に検討している段階です。

そうなることを私たちも期待しています。

このWFO会長であるRoberto Justus 先生が、今回来日され私たちの学会を見学されると共に講演もして頂きます。

先生の経歴は以下の通りです。

President, World Federation of Orthodontists,

Professor and Research Director, Postgraduate Orthodontic Department, Intercontinental University, Mexico

先生の講演の内容と題は以下の通りです。

Dentofacial Orthopedics – Correction of Class II Div 1 Malocclusions with Severe Skeletal Problems in the Early Mixed Dentition.”

せきど矯正歯科の安香先生もJustus 先生が会長になられた時に、AustraliaのシドニーのWFO学会の時にお会いしたことがあります。とても優しい先生という印象が残っております。

上の写真は2月7日(日)の船の中でのイベントで、Justus 会長に就任された頃初めてお会いした時のものです。

Sunday night functions, which involved cruising on Sydney Harbour where Dr. Justus toasted with friends from all over the worlds.

船上の海上パーティーの和やかな雰囲気の中の乾杯でした。

せきど矯正小児歯科電話番号

多摩市のせきど矯正小児歯科ホームページ

Dance performance

ハロウィンが盛大に行われました。

今回のDance-Performance はとても評判が良かったです。

このハロウィンイベントはマイク英会話学校とのコラボレーションで行われました。

ご参加された人達は全員で150名ほどでした。

今回のハロウィンでは、Super Angle とSC9のダンスパフォーマンスがひときわ目立ちました。

Super Angle は4名のお子様で構成されたダンスグループです。

ダンスの内容はとても勇気付けられるものでした。

彼女たちは被災地の子供たちを演じ、泣いたり、悲しんだり演技します。

それから、音楽のテンポに乗って激しく踊り始めます。それは東北の人たちが立ち上がり、復興を目指す姿を表現するものでした。

私たちの活動している被災者の為のグループ“Brave Tohoku”の想いと重なるものがあり、心が熱くなりました。

その後”Super Angle”達は広い空を飛び、東北のお友達を助けに行きました。

 

可愛くて、元気いっぱいという表現がいいと思います。

SC9は高校生二人で構成され、少女時代のグループを真似して踊りました。

少女時代と間違われるほどそっくりで、セクシーに上手に踊りました。

もしかしたら近い将来テレビデビューするかもしれません。

 

 

最後にジャンケン大会が行われ、安香先生相手にお子様とご両親が一つになり大変盛り上がりました。その時の子供たちの目の輝きは忘れられません。

それとは別に東北の被災地の子供たちに宛ててメッセージを布に書いて、安香先生がそれを被災地に直接届けに行く予定です。

私たちの願いを込めて、被災地のお子様たちの笑顔を取り戻すと同時に、これから安心して勉強できるようにして欲しいです。

その為には、東北の復興が欠かせません。「東北の方々は優しくて、力強く立ち上がるでしょう」というのが、いつも安香先生の口癖です。

そうなるようにいつも私たちはお祈りするばかりです。

せきど矯正歯科のハロウィンイベント2011年は、10月23日10時30分から行われる予定です。パレードは、11時頃に来る予定です。

昨年は150人の御家族が駆けつけて、ハロウィンイベントに参加頂き、大変盛り上がりました。今年もマイク英会話学校と共同のイベントになっています。皆様も御友達を誘ってどしどしおいで下さい。

楽しい飾りものを見て、ああハロウィンってとても楽しいねと思うでしょう。このイベントはせきど矯正歯科の最大のイベントで、皆様の為に北海道からこの時期に一番美味しいと選ばれたチョコレートクッキーを注文しました。毎年このTrick or Treatクッキーは一番人気です。また、仮装するとさらに雰囲気が盛り上がり、気分もさらにハロウィン気分になるでしょう。最高の日になりますように。仮装については、お持ちでない御子様、ご両親様も、当院で仮装をお貸しいたします。御来院頂くだけで結構ですよ。皆さんと仲良く、ハロウィンを楽しく過ごしましょう。パレードが院内に来ますので、このイベントを逃がさないで下さい。どこよりも賑やかなイベントです。皆様のお越しをお待ちしております!!

せきど矯正歯科ハロウィンを

盛り上げる二組による

Dance-Performance

超ご期待!!

10月23日11:00頃

可愛いSuper Angles Hip-hop group     と 美しく、SexySC9少女時代のコピーユニット

 

せきど矯正小児歯科電話番号

多摩市のせきど矯正小児歯科ホームページ