シカゴはご存知の通りオバマ大統領の故郷であり、また彼の有名演説の”Yes WE Can”の始まりです。

安香 譲治先生の出身校のNorthwestern 大学はシカゴの中にあります。

今回このような機会を与えて頂き、安香先生はじめスタッフ一同は大変喜び、期待を持って只今準備しています。

今度のシカゴAAO(American Association of Orthodontists)学会(2011.5.13~17)は、世界中の矯正の先生が集まります。その理由は、この学会は世界最大級の学会であり、最先端の技術と情報を得ることが出来るからです。 当然ながら50人ほどの発表者は、世界のトップレベルの先生たちを招いて発表していただきます。発表したくても招待されない場合は発表できない仕組みになっています。 安香先生は国内外いろんな大学で教え、国内外のセミナーを開き、またWIOC(World Implant Orthodontics Conference)のAdvisorです。安香先生の同級生Dr. Gerald Samsonが、今回発表の予定になっています。日本からの発表者は6名います。昨年はおよそ100名ほど日本からの参加の先生がいました。今年も昨年と同じくらいの参加者がいらっしゃるでしょう。また、来年のAAO学会の予定はHonolulu(Hawaii)で、人気のある観光スポットですのでもっと日本からの参加者が期待できると思います。

 今回の学会のモットーはChange(変わる)、Challenges(挑戦する)、Choices(幅広い選択)です。勿論、安香先生の発表もそれに合わせて新たな矯正治療方法を提案することになります。

現在はまだ存在しないしかも素晴らしい治療方法を今までもアメリカ、ヨーロッパでも発表しましたが、それよりもさらにレベルの高い治療方法を披露することになります。とても楽しみですね。

安香先生の同級生、Alumniの先生方も同窓会を準備してパーティーを開くことになっております。うらやましい限りです。

それでは安香先生の準備を応援して、見守りましょう。

AAO Annual Session Chicago 2011

May 13-17, 2011

McCormick Place, Chicago, IL