WIOC 2017 KOBEに参加させていただき、世界の最先端技術を用い様々な治療を可能にする先生方の素晴らしい発表を拝聴いたしました。

アジア、北欧、中南米、人種により骨格的な違いはあるものの、各国の先生方が開咬、骨格性受け口、上顎前突や咬合平面の歪みなど様々な難しい治療例の発表し、お互いの技術や情報などを共有されていました。因みに欧米人に比べアジア人の頭部の形が横に広い分、出っ歯の比率が高いそうです。

難しい治療が必要になるケースでは、早期に診断してもらい骨の成長発育が活発な時期にコントロールして行くことが重要であると実感しました。矯正ネジなどの進化により、その時期を逃したとしても、外科矯正をしない治療が可能になりました。当院の安香先生、青沼先生は、成人の咬合平面など難しい治療をされていますが、成長パターンをコントロールするため、もしくは出来上がった骨格を治すために、今回のテーマである矯正用インプラント(アンカースクリュー)の治療が必要不可欠になります。骨格とは家に例えるならば家の基礎、土台となる為何より大事な部分となるからです!

ネジ植立するには、効果的に働く埋入場所の骨密度を調べた上で、最適な矯正用インプラントの埋入箇所、長さ、太さ、角度、選択する必要があり、CTでの画像が大活躍となります。またCTは顎関節の状態を確認することも可能となり、歯列を動かす方向などの見極めにも役立ちます。

また大人の患者さまのニーズに合わせ、目立たない舌側装置、マウスピース型矯正装置(インビザライン)などでの治療も矯正用インプラントと組み合わせ確実な治療を行っております。

CT撮影は今までのレントゲン撮影より放射線量が少なく、そのCT画像から今まで使用しているようなレントゲン画像を切り出すことが可能となり患者様のご負担の軽減となります。(今までは必要な方にはCT撮影の為都内に行っていただき高額なCT撮影料をお支払いしていただいていましたが、当院で治療の一環として撮影可能となりました!)

7月2日~4日までの三日間、WIOC ( World Implant Orthodontics Conference  ) が神戸で開催されました。

当院、安香先生は大会を主催する4名の先生方のお一人です。世界各国から著名な先生方をお招きされ、それぞれの先生が取り組んでいらっしゃる最新治療を発表される年に一度の大きな会です。日本での開催は今回が初めてということで、事務局長を務めた安香先生は準備から当日まで本当に慌ただしい毎日を送っておられました。当日は病院を休診とさせていただき、我々スタッフも参加してまいりました。どの先生方の発表も大変素晴らしく、勉強になることばかりでした。

 

当院の安香先生も発表され、その発表内容は矯正用インプラント(アンカースクリュー:以下TAD)を使って歯列および顔面のズレを治す治療方法についてでした。これは咬合平面、つまり上下の歯で噛み合ったときの平面がズレている患者さまのための治療です。これらのズレはTADを使わなければ治りません。この治療法が発明されて以来、外科的矯正治療の症例の割合が劇的に減少しました。このTADを使った治療法は、矯正治療にとって、本当に素晴らしい発明なのです!もちろんTADだけではなく、患者さまに合った治療道具を併用しながらですが。

上のレントゲンでは、咬合平面のズレに加えて、正中のズレ、更には顎のシフトも確認できます。このような患者さまには、上顎にTADを埋入した治療法を行います。

治療後の写真がこちら。先生方もより良い治療を行いながら、患者さま自身の舌トレーニングなどを経て、無事に先ほどあげたズレが良くなりました。写真を見ると一目瞭然ですね。このTADを使った治療方法はどの先生でも出来る訳ではありません。日本の中でもたった数人。当院の安香先生、青沼先生はその数人の中のお二人なので、せきど歯科ではこのような難しい治療方法も可能なのです!

 

今回は『10代への新たなアプローチ』というテーマでの講演でした。

Invisalign(インビザライン)とは取り外し可能なマウスピース型の矯正装置のことです。当院でもこの方法で治療を受けられている方がいらっしゃいます。

1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社がインビザライン・システムを導入し、現在では世界で450万人を超える患者様が使用しております。インビザライン・アライナーの製造プロセスは、進化したカスタマイゼーションプロセスであり、毎日175,000個以上のカスタマイズされたアライナーが製造されています。

アライン・テクノロジー社は、継続的に研究開発を行い、技術革新により795個もの特許を取得しています。これらの先進的なシステムや技術により、インビザラインはマウスピース矯正において優れた治療成果を得られるようになりました。また、これらの優れた装置に加え、正確な分析、診断、治療計画、診療(治療)により、より良い成果が得られます。

 

<10代の矯正治療>

マウスピース矯正(インビザライン)と聞くと、成人の患者様の矯正治療と思われる方も多いと思います。

しかし、2009年から Invisalign Teen を開発し、10代のお子様の矯正治療が可能になりました。

今回は特に下顎の劣成長による上顎前突(出っ歯)の治療において、成長過程にある患者様に対して下顎を前方誘導する技術が可能になりました。今までは上顎前突の患者様には口腔内ゴムをかけていただいておりました。

 

【 従来の方法:インビザライン + 口腔内ゴム 】

上顎前突のお子様の下顎前方誘導のために、今まではインビザラインを装着した上で、口腔内ゴムをかけて頂いてました。

 

 

 

 

 

【 新しい方法 : プレジション・ウイングのついたインビザライン 】

プレジション・ウイングにより、下顎の成長を前方誘導する期間は口腔内ゴムを使用しなくてもよくなりました。(下顎前方誘導期間以外では状態によって口腔内ゴムを使用することもあります。)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様の矯正治療を考えていらっしゃるご両親様、もしくはご本人様、矯正治療はどんどん進化し続けております。目立つのがちょっと・・・と悩まれている方がいらっしゃれば、まずはご相談ください!いろいろな方法をご提案させていただきます。まずは無料相談のご予約をお電話でお取りください。もちろん、今通っているせきどの患者様で気になられる方がいらっしゃればお声をかけてくださいね。

 

 

 

 

 

虫歯って必ずしも削らないといけないの?

みなさんも「これは虫歯だけど削らなくても大丈夫」と言われたこと、あるのでは?

MI。MIとは『ミニマルインターベンション』の略で、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法です。

現在、歯科界ではこのMIの治療法が大きく浸透してきていて、出来るだけ歯を削らず、神経を取らず、生まれ持った歯を残し、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしています。

削らなくてもOKな虫歯削らなくてはNGな虫歯があります!

 

削らずに様子を見ることのできる、「初期むし歯」って具体的にどのくらいまででしょうか?虫歯の進行状況はC0~C4の5つのレベルで表されます。その基準によって治療法を決めています。

 

C0:要観察歯=初期むし歯を疑われるもので、見た目では虫歯と判断できないけれど、虫歯の初期症状のような所見がみられるものをいいます。「虫歯になりかけの歯」や「虫歯の始まり」というような言い方もできます。虫歯の初期症状とは歯の溝の茶色い着色や歯の表面の白く濁った着色です。

C1:エナメル質が溶けてしまっている状態。削らなくてもOKですが、場合によっては削ることも。歯のエナメル質が溶けている状態です。まだ自覚症状はなく、歯の溝が茶色や白く濁った着色がみられ、小さな穴が空き始めます。

C2:象牙質まで溶けてしまっている状態。削らなければいけません。虫歯はエナメル質の内側の象牙質に達してしまっています。冷たいものや甘いものがしみ始めます。

C3:虫歯が歯髄に達している状態。削らなくてはいけません。歯髄まで虫歯が達するとズキズキと強い痛みを出してきます。

C4:歯冠がほとんどなくなった状態。これは削る以上の処置になります。歯がボロボロに崩壊し、歯の根っこしか残っていない状態です。

C0とC1が初期むし歯(初期う蝕)と呼ばれる状態です。つまり穴が空いていない。この場合は削らなくてもよいのです。

 

だからといってそのまま放置してていいわけではありませんよ!

「削す必要のない歯」を「削らなければいけない歯」にしたいために、できることがあります!

初期むし歯はきちんとした対処法を行ってこそ、進行を食い止めることが出来ます。

・定期的にフッ素を塗布しておくこと

・家庭での歯磨きの仕方に注意を払うこと

・砂糖を含んだお菓子や飲み物を制限すること

・虫歯の経過を観察し続けること

こられすべてのことを実行していくことが大切です。当院では患者様に毎月のフッ素塗布と歯磨きのチェック、必要であればシーラントなどの予防処置など、皆様の歯を守る対策を行っております。また、白濁歯に対して、リナメルとジェルコートのセットで使うことをオススメしています。これは大変効果的ではありますが、ここに患者様の努力が加わってこそ(食生活や歯磨きなど)、健康な歯を守っていくことが出来ます。

さて今回は、「歯周病予防のために小腸をケア?」第二弾です。

歯のクリーニングをしてもらっている時に、プラークがついているよと注意されてしまった方もいるんじゃないでしょうか?

このプラークは、ただ単に食べかすが歯に付いてしまっているということではなく、歯の表面に固着した細菌の塊(かたまり)なんです。これが歯周病の原因となってきます。その為、このプラークを減らすプラークコントロールが必要になってきます。

 

ただ、「歯磨きはきちんと出来ているのに、歯肉が腫れている」「いつもはいい状態なのに、今回は歯肉が血が出てしまった」といこともあります。

これは、歯周病菌と戦う力「免疫力」が落ちてきている証拠なんです。

健康なお口の中の状態を保つためには、「プラークコントロールと免疫力」この2つが大切になってきます。

免疫力は、睡眠不足や疲れが溜まってきたときに、落ちてきます。

ただなんといっても、いちばんの原因は加齢なんです!!

だから、年齢が上がるにつれ歯周病の人が増えるのは、こういうわけなんですね。

 

というわけで今回は、プラークコントロールと免疫力アップ両方が必要なこと。

免疫力は加齢と共に下がっていくので、すべての人に小腸のケアが必要というお話でした。

なにをすれば、小腸のケアになるのか…?

次回、お話していこうと思います。