当院では外科的処置の際に痛みが少ない mectron社のピエゾサージェリー (Piezorgery) を導入しました。

ピエゾサージェリーは、トマソ・ベルセロッティ教授によって開発研究された、三次元超音波振動を利用した超音波骨切除器具で、骨を低侵襲に切除する方法です。超音波ボーンサージェリーで超音波によって骨だけを選択的かつ正確に切除することが出来ます。そのため、軟組織へのダメージが少なく、安全性の高い低侵襲手術が可能になります。のこぎりのように摩擦する器具と違い、骨の火傷を引き起こさないためダメージが少なく、他の器具と比較して術後の痛みや腫れを抑えることができ、傷の治りも早くなります。

ピエゾサージェリーは、硬組織のみを切除し柔組織を損傷させにくいという特徴があります。口腔内の粘膜、神経、血管を傷つけてしまうことで痛みを伴いますが、硬いものだけを削り、柔らかいものにはなんの影響もないため痛みを軽減できます。

 

ピエゾサージェリーのメリット >

①超音波の力で骨を削るため、痛みや不快感が少なく、迅速かつ効果的に術部をカットできる。

②薄い骨でも破損することなく、高い精度の骨切りが可能である。

③血管、神経あるいは粘膜など軟組織の損傷が少ない。

④超音波振動は粘膜や血管、神経などを傷つけにくく、巻き込まない。

⑤骨に接触する時間が短いため、火傷・熱傷の危険性を少なくし、組織学的に良好な術後経過が得られる。

⑥出血による術部視野の妨げを防止できる。

⑦抜歯の場合には最小限の処置で抜歯できるため、手術時間が短くなる。

 

< ピエゾサージェリーのデメリット >

①日本では厚生労働省の認可に時間がかかり、

様々なピエゾサージェリー用の器具が開発されても市場に出るまで時間がかかる。

②価格が高価で、保険が適用されず治療費が保険対象外になる可能性がある。

 

*ピエゾサージェリーはどのような処置に使用するのか?*

当院では口腔領域のみでの使用になりますが、本来は骨手術の幅広い用途に使用できます。

< 主な適応分野 >

・顎顔面手術

・頭蓋顔面手術

・耳鼻咽喉手術

・手足手術

・再建外科手術

60種類以上の豊富なインサートチップがあり(骨切除用、仕上げ用、骨形成術用、穿孔用など)、使用目的によって使い分けることが出来ます。

①インプラントを埋入するとき(サイナスリフト、スプリットクレスト、骨採取)

②親知らずなどの抜歯、埋伏歯やアンキローシスを起こした歯根の撤去

③顎骨嚢胞、歯性上顎洞炎における歯根端切除

④骨の切削(骨造成、骨移植するとき)、下顎隆起除去術、顎変形症など

⑤外科矯正(オステオトミー/コルチコトミー)

⑥歯周病治療歯周ポケットを清掃するとき(ルートプレーニング/デブライドメントなどの除去)

⑦歯内療法(根幹形成、洗浄、フィリング、逆根幹窩洞形成など)

⑧歯冠修復と補綴(歯頚部マージン仕上げ、窩洞形成、補綴物の除去など)

 

< 科学的研究 >

図1:ドリルを使用した骨切除での炎症性細胞はピエゾサージェリーを使用したサンプルに比べ、多く見られる。

図2:ピエゾサージェリーテクニックを使用した切除部位では骨芽細胞が活発に働いている。

これらの研究からピエゾサージェリーの使用は、従来の方法と比較して低侵襲治療で、患者様の体に優しく、ダメージが少ない治療と思われます。

 

< 組織学的な分析 >

インサートチップの微細な振動により従来のドリルやマイクロオシレーションソーと比較して、非常に精密で軟組織の損傷を大幅に抑えた切削を行います。

 

 

 

 

2017年7月9日にアジアで初めて開催されるGBTのセミナーに参加させて頂きました。

このセミナーはSDA(スイスデンタルアカデミー)によるもので、EMS社のAir-Flow®によるメンテナンス、新しい非外科的治療GBTGuided  Biofilm Therapyのプロトコールとそのエビデンスについてお話を聞く事が出来ました。

日本に比べ驚くほど虫歯や歯周病が少ないスウェーデン。その理由は徹底した予防治療にあります。虫歯や歯周病になるのを事前に防ぐ為に、定期的に歯のメンテナンスに歯科医院に通います。

そのスウェーデン・イエテボリ大学名誉教授:ヤン・リンデ教授は歯周治療における世界の権威として歯科医学会を代表する重鎮。32歳の若さで、スウェーデン・イエテボリ大学歯周病科主任教授に就任し、歯周病学の病因学、診断、プラークコントロール、再生治療まで、世界の近代歯周病学のスタンダードを確立。

その教えをスウェーデン・イエテボリ大学で学ばれた竹内泰子先生(SDA:スウェ-デデンタルアカデミーのJAPAN代表)の講演もお聞きする事が出来ました。当院でも、虫歯ない綺麗な歯並びを目指して治療を行っております。

 

齲蝕(虫歯)、歯周病を作らない為には、「バイオフィルム感染を制御する」事が大切です。予防メンテナンスが必要であり、患者様自身のセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの継続が必要です。

当院では、矯正治療を受けられていらっしゃる患者様全ての方に、今回のセミナーでも紹介されましたEMS製エアフローを使用して着色やバイオフィルムを除去しています。

染め出し液で染められたバイオフィルムをエアフローで除去します。

エアフローで着色、バイオフィルムを除去します。

 

*「プラーク」と「バイオフィルム」と「歯石」の違い*

一般的に「プラーク(歯垢)と呼ばれるデンタルプラークは、虫歯菌や歯周病菌をはじめとする微生物の固まりです。歯の表面につく軟らかい白色ないし黄白色のねばねばした堆積物で、成熟した歯垢の75%は細菌からなり、残りはこの細菌が作り出した多糖体と唾液タンパクその他からなっています。歯垢1g当たり100~1000億個の細菌がいるといわれています。

また、歯垢の中には歯周病や虫歯の原因菌を含む500種類以上の口腔内細菌が、バイオフィルムという強固な膜を形成して生息している事が確認され、歯周病の原因菌そのものや、細菌由来の代謝産物が生体の防御機構を刺激して、歯周病が始まることが分かってきました。歯垢はそのままにしておくと早ければ2~3日で石灰化して歯石になっていきます。

歯石は歯の表面に形成された歯垢に唾液の中のカルシウムなどが沈着し石灰化して、硬くなったものをいいます。その成分の約70~80%がリン酸カルシウムを主体とする無機質、約10~15%が細菌の残渣(死骸)を主体とする有機質、約10~15が水分でできています。

最近では、歯周病を引き起こす直接の原因は歯垢(デンタルプラーク=バクテリアフィルム)で、歯石は付着している周囲の歯肉の病状を悪化させる因子と考えられています。

*より効果的に歯を綺麗にできるパウダー*

エアフローで使用するパウダーは従来のものだと粉が少し荒く、粘膜に当たるとピリピリと感じていた方もいらっしゃったと思います。しかし、今回のセミナーで紹介されました新しい「エアフローパウダープラス」は従来のものと同じ効力を発揮し、粉が細かくなったので痛みも少なく、さらにエリトリトールという天然の糖アルコールで非う蝕性であり、カロリーがほとんどない成分を配合しています。このエリトリトールは最近の集合体を分解させやすくする作用があります。プラスパウダーは主成分にエリトリトールを配合することでクリーニング後の歯面のツルツル感を実現します。

 

以前にもブログでご紹介させていただきました、Moon教授の講演を拝聴することができました。

Moon教授はMSE矯正装置の開発者であり、今回の学会でも多くの症例を見せていただきました。

MSEとは Maxillary Skeletal Expander のことで、狭い上顎骨を矯正用インプラント(アンカースクリュー)を用いて拡大装置を固定し骨格から拡大する装置です。(骨格性拡大装置)

MARPE ( Mini screw-Assisted Rapid Palatal Expension ) といい、通常成人では開かないとされている正中口蓋縫合部を開き、上顎骨自体を拡大します。

骨格性反対咬合(受け口)の患者様は、一般的に上顎骨が劣成長で下顎骨が過成長の場合が多く、このような患者様には当院でも拡大装置によって上顎骨自体を拡大します。とくに上顎の成長が終わった方の場合は、このMSEの使用が効果的です。

 

その他の拡大装置として、次のようなものがあります。

 

Hybrid Hyrax 、Hyrax 、クワードヘリックス。これらは患者様のお口の状態によって使い分けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矯正用インプラント(アンカースクリュー:以下TAD)が皆さんにとって治療が楽に早く理想的な歯並びになる素晴らしい治療だということはお分かりいただけたと思います。そしてこのTADが取れることなく治療が終わるまで機能を果たすことが大変重要です。

先生方が診断し、適切な場所にTADを植立してもすぐ取れてしまっては意味がありません。取れてしまう大きな原因はやはり歯磨きにあります。

お口の中の衛生管理はTADが有る無いに関わらず一生涯の貴方の歯を守ってくれる重要な習慣です。

皆様の日常の努力が報われるよう、私達歯科衛生士も微力ながら協力させていただきたいと思っています。

口腔内の血行が良くなるマッサージやエアフロー活用術など、この学会で学んで参りました。

直ちに取り入れ、皆様のお役に立てたなら最高ですね。

口腔衛生に関してのお悩みや、お聞きになりたいことがございましたら遠慮なくお聞きください。

最後に、TADで綺麗になった歯並びを維持するのに重要なのはMFT(口腔筋機能トレーニング)です。真剣に取り組みましょう。

 

 

WIOC 2017 KOBEに参加させていただき、世界の最先端技術を用い様々な治療を可能にする先生方の素晴らしい発表を拝聴いたしました。

アジア、北欧、中南米、人種により骨格的な違いはあるものの、各国の先生方が開咬、骨格性受け口、上顎前突や咬合平面の歪みなど様々な難しい治療例の発表し、お互いの技術や情報などを共有されていました。因みに欧米人に比べアジア人の頭部の形が横に広い分、出っ歯の比率が高いそうです。

難しい治療が必要になるケースでは、早期に診断してもらい骨の成長発育が活発な時期にコントロールして行くことが重要であると実感しました。矯正ネジなどの進化により、その時期を逃したとしても、外科矯正をしない治療が可能になりました。当院の安香先生、青沼先生は、成人の咬合平面など難しい治療をされていますが、成長パターンをコントロールするため、もしくは出来上がった骨格を治すために、今回のテーマである矯正用インプラント(アンカースクリュー)の治療が必要不可欠になります。骨格とは家に例えるならば家の基礎、土台となる為何より大事な部分となるからです!

ネジ植立するには、効果的に働く埋入場所の骨密度を調べた上で、最適な矯正用インプラントの埋入箇所、長さ、太さ、角度、選択する必要があり、CTでの画像が大活躍となります。またCTは顎関節の状態を確認することも可能となり、歯列を動かす方向などの見極めにも役立ちます。

また大人の患者さまのニーズに合わせ、目立たない舌側装置、マウスピース型矯正装置(インビザライン)などでの治療も矯正用インプラントと組み合わせ確実な治療を行っております。

CT撮影は今までのレントゲン撮影より放射線量が少なく、そのCT画像から今まで使用しているようなレントゲン画像を切り出すことが可能となり患者様のご負担の軽減となります。(今までは必要な方にはCT撮影の為都内に行っていただき高額なCT撮影料をお支払いしていただいていましたが、当院で治療の一環として撮影可能となりました!)