scan当院では、マウスピー型矯正装置(インビザライン)をお使いの患者様、裏側(舌側)矯正の患者様の精密印象を従来のシリコン印象から口腔内スキャナーによる光学印象に変更しました。
それにより、口の中に印象材(粘土のような感触のもの)を入れる必要がなく、スティック状のカメラで歯をなぞるだけで、3Dデータを作成できまるようになりました。嘔吐反射のある患者様も楽にデータ採得でき、負担が軽減できます。

また、従来法の印象採得に比べ高精度のスキャニングにより、デジタル化されたデータから製作される矯正装置は精確なものになります。よって、歯も正確に移動し治療期間も短縮されることになります。また、仕上がりも綺麗です。

 

<口腔内スキャナー: CEREC オムニカム>

M4300141jpg

当院のスキャナーはsirona社のCEREC オムニカムです。シロナ社はドイツの130年以上の歴史ある歯科用機器メーカーで、矯正歯科分野ではセレックオムニカムをベースとしたセレックオルソを発売しています。

このスキャナーは従来のものと比較してデジタルインプレッションの性能が向上し、ソフトウエア上の画像解析度が上がり忠実な色彩が再現できるようになりました。

M4303087

データの取得が容易かつ効率化され、瞬時にデータ確認でき、ラボと歯科医院の間のデータの共有がより迅速でスムーズに行えます。これによって、矯正装置が早く出来上がります(治療期間の短縮)。

セレックオルソで作成された3Dデータを当院からアメリカにあるアラインテクノロジー社(インビザラインを製作している会社)、あるいはドイツにあるWIN システム(舌側矯正装置を製作している会社)またはハーモニー(Harmony)ジャパンに送信すると、矯正装置が製作され届きます。従来のシリコン印象では、採得した歯型をアラインテクノロジージャパンに送りスキャニングしてアメリカに送信する為時間がかかっていました。シリコン印象の状態によっては、不明瞭な場合採り直しする必要があります。スキャナーの導入により、直接送信できるようになり迅速に治療を開始できるようになりました。
スキャナーを用いて歯列をデジタル化し、デジタル化した歯のデータをコンピュータにてセットアップします(3Dセットアップまたはデジタルセットアップと呼ばれる)。

set up

<CAMによってフルカスタマイズされたブラケットベース>

CAm

ブラケットの製作もコンピュータにてブラケット形状をデザインし作製するCAD/CAMシステムを用います。
歯の裏側(舌側)の形態は唇側よりも複雑ですが、メタルブラケットベースは個々の歯牙の形態に合わせ個別にデザインされています。その為、ブラケットの脱落が極めて少なくなりました。

 

robot

インビザラインでは、このデータからいくつものアライナーを作ります。

 

インビザライン

 

 

マウスピース型矯正治療にはいろいろな種類があります。

●   Invisalign(インビザライン)

●   アソライナー(旧名:クリアアライナー)

●   ケンライン(KENLINE

●   イークライナー(eCligner

●   DENマウスピース

●   オペラグラス

●   アクアシステム

●   エシックス 等

*マウスピース型矯正装置完成物は、医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

  当院で行っているものは Invisalign(インビザライン)アソライナー(旧名:クリアアライナー) ケンライン(KENLINE) です。

これらはカスタムメイドの可撤式矯正装置で、ドクターの治療計画、患者記録により理想的に歯牙移動するようにデザインされています。

治療計画は患者様ご自身もコンピューター画面上で分かりやすく確認することができます。治療ゴールまでの歯の動きを三次元シュミレーションで確認でき、治療途中でも実際の歯の動きと照らし合わせることで細部まで調整でき、綿密な治療計画が立てられます。

 

Aligner_off_trimAligner_on_trim

右側は Invisalign 矯正装置を使用中の状態です。殆ど周りの人が気付きません。

<使用方法>

厚さ0.5mm程度の透明なマウスピース(アライナー)を1日20時間以上口腔内に装着します。飲食、歯磨きの時は外します。2週間ごとに新しいマウスピース(アライナー)に交換します。通常2週間で交換しますが、①加速矯正装置(歯の移動を促進させる装置)を使用する場合は、5日~10日ごとに交換します(歯科医より指示があります)。

アライナーと歯の適合を良くする為に、②アライナー・チューイを1日に20分程度噛んで頂きます。

アライナーが歯にしっかりと保持され歯を移動させる為に、歯の表面に③アタッチメントを付けます。噛み合わせによっては、④顎間ゴム矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を使用したり、固定式矯正装置を併用することもあります。

当院では国際インプラント矯正学会の理事として、最新式矯正治療方法を導入し、出来る限り短い期間で治療を行うよう努めております。

 

①加速矯正装置:Acceldent、OrthoPulse、Speed Orthoなどがあり、骨に振動を与えたり、遠赤外線をあてて矯正治療のスピードを速めるとされています。骨に刺激を与えると代謝が高まるとされていることより、1日20分程度使用して頂くと治療期間が短縮されます。

 

Biolux_Jan 2014-507[1]Screen+Shot+2015-08-10+at+3.46.40+PM[1]

②アライナー・チューイ

dentakit_2271_12656002[1]images0DI0VKF3

③アタッチメント

8.15.12 Att Front[1]

④顎間ゴムと矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)

IMG_5767IMG_5765

 

<インビザラインのメリット・デメリット>

メリット

*取り外し可能。透明な装置なので目立たず、ワイヤーやブラケットなどがないため歯磨きが楽で、虫歯や歯肉炎になりにくいです。

*装置のはずれなどが少なく通院回数が少なくなります。

*すぐに慣れ、違和感が少なく、比較的痛みが少ないと言われています。その理由の一つとして、一つのアライナーで歯を移動できる量は決められており(約0.25mm)、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。

*金属アレルギーの方も安心

*食事制限がありません。食べ物が装置に絡みつく、ひっかかる心配がありません。

*アライナーを利用してホワイトニングを行うことができます。

*患者様ご自身もコンピューター画面上で、クリンチェックの3Dシュミレーション(計画された歯の移動)を確認できます。

デメリット

*取り外し可能ですが、1日に20時間以上装着しないと効果が現れません。

*固定式矯正装置(唇側)と比べると治療費が高くなります。

*症状によりアライナー単独では治療できない場合があります。その場合は、固定式矯正装置が必要になります。

 

HandwAlignerAligner_Package3Aligner_Package1

 

<インビザラインの治療計画(クリンチェック)>

この装置の特徴として、明確な治療計画がたてられます。

いn

 

 

 

harmonyharmony blacket

 

当院では矯正装置が見えるのがイヤ、矯正治療をしていること他の人に知られたくない方の為に、目立たない矯正治療を行っております。

 

・マウスピース矯正(インビザライン)

・裏側(舌側)矯正:リンガルブラケット

・表側(唇側)矯正:透明なブラケット

 

< 裏側(舌側)矯正:リンガルブラケット矯正法 >

 

裏側(舌側)矯正装置には、色々な種類があります。当院では患者様の不正咬合の状態によって何種類かの装置を使い分けて治療しております。

費用も異なりますので、まずは無料相談をお受けになって下さい。

 

① 軽度の症例(後戻りなど)… Evolution SLT CLIPPY-L 2Dのダイレクトボンディングによる治療

② 中程度 … Evolution SLT CLYPPY-Lのダイレクトボンディングによる治療

③ 重度 … Harmonyのインダクトボンディングによる治療

 

舌側装置

上の写真が、裏側(舌側)矯正:リンガルブラケット矯正の装置です。装置が歯の裏側に付くため矯正していることが分かりません。大人の方、他人に矯正治療をしている事を知られたくない方、仕事柄矯正装置が見えるのがイヤという方にお勧めです。

* メリット *

① 装置が外観上みえない(審美性)・・・ 装置が見えないため、矯正治療中も人の目を気にせずに治療できます。

② 心理的ストレスが少なく、治療に積極的になれる・・・不正咬合による障害には、摂食、嚥下、咀嚼、発音などの顎口腔機能障害と審美的要求による社会的、心理的障害があるといわれています。特に成人の場合、審美的要求も高く、リンガルブラケット矯正法が有効で、心理的ストレスから解消されるため、治療に積極的になれます。

③ 装置が唇側面にないため、唇を閉じやすいです。

④ 唾液の作用により虫歯になりにくいといわれています。 

* デメリット * 

① 治療期間が長い・・・症例によっては、治療期間が長くなることがあります。ただし、器具、材料の発達、バイオメカニクスの解明、治療技術の改善により従来考えられていた短所について解決されてきています。

② 適応症が狭い・・・症例によってはリンガルブラケット矯正法で治療できない場合もあります。

③ 治療費が高い・・・表側(唇側)矯正に比べて、費用が高いです。リンガルブラケット矯正法は装置自体が高価であり(カスタムメイドの矯正装置で、海外に外注します)、特殊な治療技術が必要とされるため治療費が高くなります。

④ 舌癖がある方は、最初は違和感が強い・・・装置が付いて1週間は違和感を生じますが、すぐに慣れます。舌癖がある方は、舌のトレーニングをしていただきますが、上達されない場合、違和感が長くなります。

 

~ 治療期間  ~

 治療期間は、歯並びの状態によって大きく変わります。無料相談をお受けになって下さい。大まかな治療内容、治療期間をご説明致します。(精密検査の後、正確な治療期間をご説明させていただきます。)治療のための来院は一ヶ月に一度程度です。治療内容によっては、一ヶ月に数回来院して頂くこともあります。

 

~ 矯正治療料金 ~ 

 上下顎裏側(舌側)矯正:リンガルブラケット矯正・・・

¥1,200,000〜¥1,500,000 (税別)

ハーフリンガル:上顎裏側(舌側)矯正、下顎表側(唇側)透明装置・・・

¥900,000~¥1,100,000 (税別)

~ 裏側(舌側)矯正:リンガルブラケット矯正装置の種類 ~

実は、裏側(舌側)矯正装置には様々な種類があります。

① Kuzr7

② Stb

③ Fujita Bracket

④ Evolution SLT

⑤ CLYPPY-L

⑥ Incognito

⑦ Harmony

 

< 当院で使用しているハーモニーリンガルシステム >

harmony 認定証harmony

この装置と治療システムはフランスの矯正医 Dr.Patric C Criel により考案されました。最新のCAD/CAM技術とロボット工学の融合による「世界の最先端を行くリンガル矯正システム」の一つです。矯正歯科の中でもデジタル化が進んでいます。まず、スキャナーを用いて歯列模型をデジタル化し、デジタル化した歯のデータをコンピュータにてセットアップします(3Dセットアップまたはデジタルセットアップと呼ばれます)。

digital setup

* CAMによってフルカスタマイズされたブラケットベース *

CAm

ブラケットの製作もコンピュータにてブラケット形状をデザインし作製するCAD/CAMシステムを用います。

歯の裏側(舌側)の形態は唇側よりも複雑ですが、メタルブラケットベースは個の歯牙の形態に合わせ個別にデザインされています。その為、ブラケットの脱落が極めて少なくなりました。

ブラケットの製作もコンピュータにてブラケット形状をデザインし作製するCAD/CAMシステムを用います。

歯の裏側(舌側)の形態は唇側よりも複雑ですが、メタルブラケットベースは個の歯牙の形態に合わせ個別にデザインされています。その為、ブラケットの脱落が極めて少なくなりました。

* セルフライゲーション *

self ligating

最大の特徴は、セルフライゲーションブラケットです。セルフライゲーション(self-ligation)とは、自ら結紮する(結ぶ、縛る)という意味で、装置自体にclipがついており、ワイヤーを固定します。従来の矯正装置のように、ワイヤーとブラケットを結紮線(固定するための細い針金)やゴムで固定する必要がありません。

また、ブラケットの角をなくし丸みを帯びた形態で、舌に対する違和感が極めて少ないです。

 ~ セルフライゲーションブラケットの特徴 ~

① ワイヤーの着脱が早く、チェアータイムが短い。

② 確実なワイヤーの装着

③ Auto alignment

④ 治療の初期、low force、low friction(ワイヤーの張力が弱く、摩擦が少ないこと)でのアライメントが行われます。前歯部の叢生は口唇の筋肉のサポートによりフレアーアウトをあまり起こすことなく、抜歯症例の場合は、抜歯空隙に向かって歯が動きながら叢生が改善されます。また、非抜歯症例でも歯列弓が拡大され、叢生が改善されます。

⑤ ブラケットとアーチワイヤーの摩擦抵抗が小さい

⑥ 従来のブラケットに金属の結紮線を用いた場合と比較すると摩擦抵抗は1/5以下といわれています。摩擦抵抗が小さいと痛みが少なく歯の動きが良いと一般的に言われています。

* ワイヤーベンディング・ロボットにより作られるアーチワイヤー *

robot

アーチワイヤーはHARMONYソフトウェアで個別にデザインされ、新たに特許を取得したワイヤーベンディング・ロボットにより作られます。患者様が快適に治療を受けられるように、出来る限り歯牙に緊密に沿うようにデザインされます。

 

< 当院で使用しているWIN舌側矯正装置 >

win 認定証win

舌側矯正WINシステムは、incognitoを開発されたドイツの Dr.Wiechmann 教授が新たに開発したシステムです。

ハーモニーリンガルシステムと同様、ブラケットはもちろんのことワイヤーまで患者様ごとにカスタムメイドされる舌側矯正装置です。装置は、ドイツで製造されます。ブラケットはかなり小さくなり違和感がとても少なくなりました。また、患者様の歯の形態にフィットした装置で、脱落も減りました。

win 説明

 

~ 矯正治療の流れ ハーモニー(Harmony)及び舌側矯正WINシステム ~

 裏側矯正において重要なことは、ブラケット(装置)をいかに正確に正しい位置につけるかに尽きます。その為には、精密な印象採得、術者の技術が要求されます。既製のリンガルブラケットを使用こともありますが、当院ではカスタムメイドの矯正装置を使用しています。

① 当院では口腔内スキャナーでデータを取得します。

精密印象

シリコン印象材を用いて、患者様の上下歯列の精密印象を採ります。CAD/CAMシステムでのカスタムメイドブラケットの作製は非常に精密なため、歯列模型も実際の歯の大きさと誤差が最小になるようにする為、精密印象でなければなりません。

このデータを技工所でデジタル化しコンピュータに取り込み、デジタルセットアップ、ブラケット、アーチワイヤーを作製します。

scan1scan2

イントラオーラルスキャンを用いて患者様の上下歯列をデジタルデータに変換します。

当院では口腔内スキャナーを導入し、それにより、精密印象を採る必要がなくなり患者様の負担を軽減することができるようになりました。

 

② 技工所

digital setup

CAD/CAMシステムにより作業用模型を3Dデータとしてコンピュータに取り込み、オリジナルのブラケットを製作します。ワイヤー形態もデジタルデータからベンディングマシンで屈曲します。

スキャナーを用いて歯列模型をデジタル化し、デジタル化した歯のデータをコンピュータにてセットアップします(3Dセットアップまたはデジタルセットアップと呼ばれます)。

 

③ 医院内でブラケットを装着して治療開始

image1CAm

image2

←ブラケットのついた口腔内

 

 

 

 

ひ先日のこと、来院された患者様が着ていらしたTシャツです。彼のお茶目な一面がのぞき一瞬院内が笑でいっぱいになりました。このTシャツを選んだときどんな気持ちで選ばれたのでしょうね。彼はとっても熱心に舌トレーニングをされました。その結果は写真をご覧になった通りです。満面の笑みですが全部お見せできないのが残念です。舌トレーニング効果は沢山の患者様が感じられていらしゃることでしょう。沢山の素敵な笑顔の方が増えるようスッタフ指導に励みます。

2015年夏休みのお知らせ
太陽のまぶしい季節夏休みを首を長くして待っている方も多いのではないでしょうか?
山や海、海外の避暑地でゆっくり。。。
愉しみかたはいろいろかと思いますが今年世界遺産に認定された富士山に思い切って登る計画を立ててみるのも良いかと思いますが、もし本当に挑戦されるおつもりでしたら、装備は完ぺきに整えてお出掛け下さい。いずれにせよ皆様きらきら太陽の下素敵な笑顔で夏休みを満喫してくださいね。

せきど矯正歯科の夏休み
8月13日(木)~8月17日(月)は休診日となります。装置など外れないように気をつけて美味しいものを沢山召し上がってください。万が一外れてしまった時は緊急対策の仕方がホームページにありますのでご覧ください。

また8月18日(火)は京王全館休業のため休診日となります。

≪緊急連絡登録のお願い≫

311東日本大震災の経験をふまえ緊急連絡先登録をしていただいておりますが、現在未だ登録されていない方は至急登録をお願い致します。登録は下記のアドレスに送信しご登録いただけますようお願いいたします。その際、件名に診察券番号とお名前を入力して送信してください。またご来院の際には緊急連絡先登録されているか再度ご確認下さいませ。

アドレス:sekidokyousei@gmail.com