以前にもブログでご紹介させていただきました、Moon教授の講演を拝聴することができました。

Moon教授はMSE矯正装置の開発者であり、今回の学会でも多くの症例を見せていただきました。

MSEとは Maxillary Skeletal Expander のことで、狭い上顎骨を矯正用インプラント(アンカースクリュー)を用いて拡大装置を固定し骨格から拡大する装置です。(骨格性拡大装置)

MARPE ( Mini screw-Assisted Rapid Palatal Expension ) といい、通常成人では開かないとされている正中口蓋縫合部を開き、上顎骨自体を拡大します。

骨格性反対咬合(受け口)の患者様は、一般的に上顎骨が劣成長で下顎骨が過成長の場合が多く、このような患者様には当院でも拡大装置によって上顎骨自体を拡大します。とくに上顎の成長が終わった方の場合は、このMSEの使用が効果的です。

 

その他の拡大装置として、次のようなものがあります。

 

Hybrid Hyrax 、Hyrax 、クワードヘリックス。これらは患者様のお口の状態によって使い分けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません