WIOC 2017 KOBEに参加させていただき、世界の最先端技術を用い様々な治療を可能にする先生方の素晴らしい発表を拝聴いたしました。

アジア、北欧、中南米、人種により骨格的な違いはあるものの、各国の先生方が開咬、骨格性受け口、上顎前突や咬合平面の歪みなど様々な難しい治療例の発表し、お互いの技術や情報などを共有されていました。因みに欧米人に比べアジア人の頭部の形が横に広い分、出っ歯の比率が高いそうです。

難しい治療が必要になるケースでは、早期に診断してもらい骨の成長発育が活発な時期にコントロールして行くことが重要であると実感しました。矯正ネジなどの進化により、その時期を逃したとしても、外科矯正をしない治療が可能になりました。当院の安香先生、青沼先生は、成人の咬合平面など難しい治療をされていますが、成長パターンをコントロールするため、もしくは出来上がった骨格を治すために、今回のテーマである矯正用インプラント(アンカースクリュー)の治療が必要不可欠になります。骨格とは家に例えるならば家の基礎、土台となる為何より大事な部分となるからです!

ネジ植立するには、効果的に働く埋入場所の骨密度を調べた上で、最適な矯正用インプラントの埋入箇所、長さ、太さ、角度、選択する必要があり、CTでの画像が大活躍となります。またCTは顎関節の状態を確認することも可能となり、歯列を動かす方向などの見極めにも役立ちます。

また大人の患者さまのニーズに合わせ、目立たない舌側装置、マウスピース型矯正装置(インビザライン)などでの治療も矯正用インプラントと組み合わせ確実な治療を行っております。

CT撮影は今までのレントゲン撮影より放射線量が少なく、そのCT画像から今まで使用しているようなレントゲン画像を切り出すことが可能となり患者様のご負担の軽減となります。(今までは必要な方にはCT撮影の為都内に行っていただき高額なCT撮影料をお支払いしていただいていましたが、当院で治療の一環として撮影可能となりました!)

コメントは受け付けていません