今回は『10代への新たなアプローチ』というテーマでの講演でした。

Invisalign(インビザライン)とは取り外し可能なマウスピース型の矯正装置のことです。当院でもこの方法で治療を受けられている方がいらっしゃいます。

1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社がインビザライン・システムを導入し、現在では世界で450万人を超える患者様が使用しております。インビザライン・アライナーの製造プロセスは、進化したカスタマイゼーションプロセスであり、毎日175,000個以上のカスタマイズされたアライナーが製造されています。

アライン・テクノロジー社は、継続的に研究開発を行い、技術革新により795個もの特許を取得しています。これらの先進的なシステムや技術により、インビザラインはマウスピース矯正において優れた治療成果を得られるようになりました。また、これらの優れた装置に加え、正確な分析、診断、治療計画、診療(治療)により、より良い成果が得られます。

 

<10代の矯正治療>

マウスピース矯正(インビザライン)と聞くと、成人の患者様の矯正治療と思われる方も多いと思います。

しかし、2009年から Invisalign Teen を開発し、10代のお子様の矯正治療が可能になりました。

今回は特に下顎の劣成長による上顎前突(出っ歯)の治療において、成長過程にある患者様に対して下顎を前方誘導する技術が可能になりました。今までは上顎前突の患者様には口腔内ゴムをかけていただいておりました。

 

【 従来の方法:インビザライン + 口腔内ゴム 】

上顎前突のお子様の下顎前方誘導のために、今まではインビザラインを装着した上で、口腔内ゴムをかけて頂いてました。

 

 

 

 

 

【 新しい方法 : プレジション・ウイングのついたインビザライン 】

プレジション・ウイングにより、下顎の成長を前方誘導する期間は口腔内ゴムを使用しなくてもよくなりました。(下顎前方誘導期間以外では状態によって口腔内ゴムを使用することもあります。)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様の矯正治療を考えていらっしゃるご両親様、もしくはご本人様、矯正治療はどんどん進化し続けております。目立つのがちょっと・・・と悩まれている方がいらっしゃれば、まずはご相談ください!いろいろな方法をご提案させていただきます。まずは無料相談のご予約をお電話でお取りください。もちろん、今通っているせきどの患者様で気になられる方がいらっしゃればお声をかけてくださいね。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません