%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%9f%af%e6%ad%a31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、世界的にも、このアライナー矯正治療は、希望される患者様が増え続けている治療方法です。せきど矯正歯科でも中高生の学生さんから大人の方まで、幅広い年代の方が治療しています。私達もアライナー矯正の最先端技術を取り入れるため、12月1・2日と、東京大学内の伊藤国際学術研究センターで行われた、日本アライナー矯正学術発表会に、青沼先生と、歯科衛生士である田中さんが、参加しました。

本来、診療日である金曜日をやむを得ず休診日にしなければならなかった事は、ご迷惑をおかけ致しました。皆様によりよい治療を提供させていただく為、参加しました。世界各国から、著名な矯正歯科医の先生方がいらっしゃり、その学術発表には、目を見張るような学びが、たくさんありました。各国の先生方に、共通している事は、患者さんに、

いかにシンプルで、痛みがなく、早い矯正を提供できるか、

という事でした。

 

アライナー矯正とは、マウスピース型矯正装置による治療です。当院でも、固定式矯正装置(唇側、舌側)と同様にマウスピース矯正治療を行っております。
今回の研究会には、日本国内の先生のみならずドイツ、イタリア、スペイン、タイ、中国、台湾、香港など世界各国の先生が参加されていました。それだけ、固定式矯正装置ではなくマウスピース型矯正装置 で治療される患者様が増えているという事です。

マウスピース型矯正装置には、色々な種類があります。
◍ インビザライン(invisalign)
◍ アソライナー(クリアアライナー)
◍ ケンライン(KENLINE)
◍ イークライナー(eCligner)
◍ DENマウスピース
◍ オペラグラス
◍ アクアシステム
◍ エシックス 等
当院で使用しているものは、「インビザライン(invisalign)」「アソアライナー(クリアアライナー)」 「ケンライン(KENLINE)」です。

*インビザライン(invisalign)について
★ Topページのマウスピース矯正(インビザライン)もご覧下さい。

1999年に米国アライン・テクノロジー社により、マウスピース型矯正治療「インビザライン・システム」を米国の矯正歯科医師を対象に提供を開始致しました。
目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しい歯科矯正装置です。
現在、インビザライン・システムは、世界80ヵ国以上の国々で提供され、これまでに340万人を超える患者様が治療を受けられています。

「インビザライン・システム」は、症状の程度により治療オプションがあります。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc2

 

 

 

 

*インビザライン・セブン・・軽度の不正咬合、後戻り症例

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc3  アライナーの数は7ステージ以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*インビザライン・ライト・・・矯正治療の仕上げ、軽度の不正咬合。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc4 アライナーの数は14ステージ以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*インビザライン・フル・・・全ての不正咬合。
アライナーの数は制限なし

*インビザライン・ティーン・・・主に10代の患者の治療に適応。

                                                                  アライナーの数は制限なし

 

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc5

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc6

 

 

 

 

 

 

 

アライン・テクノロジー社は、従来のインビザライン・システムの臨床的利点を備えた、10代の患者を対象とする新しい治療オプション「インビザライン・ティーン」を開発しました。

★ 10代の矯正治療における懸念点を考慮したデザイン

歯根の移動 アライナーに加工されるパワーリッジ機能は、切歯のリンガルルート トルクを達成するために望ましいモーメントを加えるようデザインされています。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc7

 

 

 

 

 

 

萌出途中の歯牙 完全萌出していない歯牙の過剰萌出を防ぐための「萌出タブ」および、永久歯列が未萌出または萌出途中にある歯牙に対しては「萌出スペース」を設定することが可能です。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc8

 

 

 

 

 

 

 

患者のコンプライアンス 装着時間に応じて色が変化するようにデザインされています。おおよそのアライナー装着時間を確認することができます。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc9

 

 

 

 

 

 

 

当院でも大人の患者様だけでなく、10代の患者様もインビザラインで治療されています。不正咬合の程度により治療オプションが変わり費用も変わりますので、まずは無料矯正相談をお受けになって下さい。
(アライン・テクノロジー社資料より)

*アソアライナー(旧名:クリアアライナー)について

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc10

 

 

 

 

 

 

 

 

アソアライナー(Aso Aligner)とは、透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置です。通常約一カ月に一度の間隔で印象採得を行い、その都度アライナーを製作し、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm、ハード0.8mm)のアライナーで矯正力をコントロールできるので疼痛を軽減させることができます。

< Aso Alignerによる治療の流れ >

◍ 診断・分析(歯科医院)
治療に適応できるか否かを決定
◍ 印象採得(Step1)(歯科医院)
製作の為の作業用模型を作製
◍ セットアップ模型製作(技工所ASO)
セットアップ模型を作製し、専用ソフトを用いて歯の移動を確認

◍ セットアップ模型の確認と承認(歯科医院)
◍ アソアライナー製作(技工所ASO)
◍ 治療開始・装着(歯科医院)
患者様にアソアライナーを使用して頂く。原則として最低でもソフトを10日間使用し、その後ミディアムを10日間、ハードを10日間以上装着して頂く。

◍ 印象採得(Step2)(歯科医院)
Step1のアライナーの使用を始めて約一カ月後に次のStepのアライナー製作の為印象採得し、作業用模型を作製

以降繰り返し、歯を移動させる。
(ASO InternationalのHPより)

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません